最近のニュース 新着一覧≫


2018/12/05ヨーロピアンツアー公式

ルイ・ウーストハイゼンら南アフリカで注目の3人

に位置するランドパークGCには、ルイ・ウーストハイゼンやアーニー・エルスなど、南アフリカ最高の選手たちが集結。今週使用される2コースの一つであるファイヤーソーンコースは、飛ばし屋に利がある。 全長
2018/12/09南アフリカオープン

ウーストハイゼンが3打差首位で最終日へ

◇欧州男子◇南アフリカオープン hosted by ヨハネスブルグ 3日目(8日)◇ランドパークGC ファイアソーンコース、ブッシュウィローコース(南アフリカ)◇パー71 地元・南アフリカのルイ・ウーストハイゼン
2018/12/10南アフリカオープン

ウーストハイゼンが3季ぶり優勝 2位に6打差

◇欧州男子◇南アフリカオープン hosted by ヨハネスブルグ 最終日(9日)◇ランドパークGC ファイアソーンコース、ブッシュウィローコース(南アフリカ)◇パー71 3打差首位で出たルイ・ウーストハイゼン
2018/12/10ヨーロピアンツアー公式

“キング・ルイ”がヨハネスブルグで久々の勝利

ルイ・ウーストハイゼンが序盤につまずきながら、見事な立て直しでリードを広げて「南アフリカオープン」制覇を果たした。 2010年「全英オープン」王者は、これまでヨーロピアンツアー8勝のうち4勝を母国で
2018/12/07南アフリカオープン

ウーストハイゼンがトップ 川村昌弘は出遅れ

◇欧州男子◇南アフリカオープン hosted by ヨハネスブルグ 初日(7日)◇ランドパークGC ファイアソーンコース、ブッシュウィローコース(南アフリカ)◇パー71 メジャー1勝の36歳、ルイ・ウーストハイゼン
2018/12/04ヨーロピアンツアー公式

「南アフリカオープン」について知っておくべき5つのこと

までの選手は週末の2ラウンドをファイヤーソーンコースでプレーすることになる。 メジャーの風合い 今週のフィールドには、地元南アフリカ出身のメジャー王者であるアーニー・エルス、トレバー・イメルマン、ルイ・ウーストハイゼン
2019/01/23ヨーロピアンツアー公式

ラファ・カブレラベローらドバイで注目の3人

なる勝利へ向け自信となっていることだろう。 対抗: ルイ・ウーストハイゼン もし、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)がシーズン序盤の好調を維持できるのであれば、彼は今季大成功するだろう。今季
2019/07/01記録

「全英オープン」歴代優勝者&日本人成績

ダレン・クラーク 池田勇太 38位平塚哲二 予落高山忠洋 予落藤田寛之 予落石川遼 予落河井博大 予落 ロイヤルセントジョージズ 2010 ルイ・ウーストハイゼン 石川遼 27位谷口徹 60位宮瀬博文
2019/11/04ヨーロピアンツアー公式

マキロイが上海でWGCハットトリックを達成

ルイ・ウーストハイゼンが入った。 この勝利はマキロイにとって、今年ワールドワイドで4勝目。2014年のインビテーショナルと翌年のマッチプレーに続くWGC3勝目を挙げたことで、マキロイは世界ゴルフ選手権の
2019/07/16全英オープン

2019年「全英オープン」出場者&資格

トム・レーマン ロリー・マキロイ フィル・ミケルソン フランチェスコ・モリナリ ルイ・ウーストハイゼン ジョーダン・スピース ヘンリック・ステンソン タイガー・ウッズ 2:過去10年間の
2018/03/02WGCメキシコ選手権

ウーストハイゼンが首位 日本勢3人は苦戦

、1イーグル5バーディの7アンダー「64」としたルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)が単独首位で飛び出した。 6アンダーの2位にはクリス・ペイズリー(イングランド)とザンダー・シャウフェレ、シュバンカー
2019/11/13ヨーロピアンツアー公式

「ネッドバンクゴルフチャレンジ」で知っておくべき5つのこと

。 「全米オープン」と「全英オープン」でそれぞれ2勝ずつ挙げているアーニー・エルスは、今週出場する8人の地元南アフリカ出身選手の1人であり、他には第139回「全英オープン」を制した同胞のルイ・ウーストハイゼン
2019/11/02WGC HSBCチャンピオンズ

マキロイが首位浮上 松山英樹は15位で最終日へ

「67」でプレーし、通算15アンダーとして単独首位に浮上した。 ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)が1打差の2位。前年覇者のザンダー・シャウフェレ、マシュー・フィッツパトリック(イングランド)が通算
2019/11/07プレジデンツカップ

ジェイソン・デイらを主将指名 「プレジデンツ杯」世界選抜

か注目を集めている。 <世界選抜 主将アーニー・エルス> マーク・レイシュマン(オーストラリア)、松山英樹、ルイ・ウーストハイゼン(南アフリカ)、アダム・スコット(オーストラリア)、アブラム・アンセル