ニュース

欧州男子ダンヒル選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2005年 ダンヒル選手権
期間:12/08〜12/11 レオパードクリークGC(南アフリカ)

地元期待の星C.シュワルツェルが連覇へ向け暫定トップ!E.エルスは暫定39位

2006年欧州ツアー第4戦「ダンヒル選手権」が、南アフリカにあるレオパードクリークGCで開幕。日没サスペンデッドになる中、6アンダーで暫定トップに並んだのが、フィリップ・アーチャー(イングランド)と大会2連覇を狙う若手のチャール・シュワルツェル(南アフリカ)だった。

暫定首位の2人が素晴らしいプレーを見せた。特にアーチャーは、6バーディ、ノーボギーという抜群の安定感で、18ホールをフィニッシュ。また、地元のシュワルツェルも、8バーディ、2ボギーと、この日の最終ホールとなった13番(アウトスタート)まで終始攻め続けた。

さらに、5アンダーの暫定3位タイには、ヤルモ・サンデリン(スウェーデン)とジーン・ヒューゴ(南アフリカ)が続き、4アンダーの暫定5位タイにも、ダグ・マクギガン(スコットランド)ら5人が並ぶ混戦となっている。

また、怪我から復帰後、初の公式戦となるアーニー・エルス(南アフリカ)は、13番ホール(アウトスタート)で競技を終了。3バーディ、2ボギーの1アンダー、暫定39位タイからのスタートとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 ダンヒル選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。