ニュース

欧州男子ダンヒル選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ダンヒル選手権
期間:12/09〜12/12 レオパードクリークGC(南アフリカ)

若干20歳のC.シュワルツェルがツアー初優勝

南アフリカにあるレオパードクリークGCで開催されている、2005年欧州ツアー第3戦「ダンヒル選手権」の最終日。首位スタートのニール・チーサム(イングランド)が、スコアを伸ばせず優勝の行方は最後まで分からない展開となった。

優勝候補の地元出身アーニー・エルスは、首位と4打差からのスタート。2番でバーディを奪い好スタートを見せるも、4、9番をボギーとなかなかスコアを伸ばせず前半を折り返す。後半は出入りの激しい展開だったが5バーディ2ボギーと必死に追い上げるも、1打届かず通算6アンダーの3位タイで競技を終えた。

優勝争いを演じたのは、地元出身チャール・シュワルツェルとチーサムの2人。シュワルツェルはこの日スコアを1つ伸ばして通算7アンダーでホールアウト。チーサムは出入りの激しいゴルフを展開するも、なんとか1つスコアを落とすだけに踏み止まり通算7アンダーで勝負はプレーオフにもつれ込んだ。

決着がついたのはプレーオフ1ホール目の18番パー5。シュワルツェルが快心のバーディを奪い、若干20歳のシュワルツェルが念願のツアー初優勝を飾った。シュワルツェルは11月に行われた日本ツアー「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」に招待され、3位タイでフィニッシュしている。トッププレーヤーを多く輩出している南アフリカから新たなヒーローが誕生した。

おすすめ記事通知を受け取る

2004年 ダンヒル選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。