最近のニュース 新着一覧≫


2019/09/23ヨーロピアンツアー公式

素晴らしきウィレットのウェントワースでの勝利

平常心を保ったダニー・ウィレットが劇的な最終ラウンドの末にジョン・ラームを下して「BMW PGA選手権」を制覇し、「ロレックスシリーズ」2勝目を挙げた。 2人はウェントワースを舞台に、2日目終了後
2019/09/23BMW PGA選手権

ウィレットが優勝 ラーム2位 宮里51位

◇欧州男子◇BMW PGA選手権 最終日(22日)◇ウェントワースC(イングランド)◇7284yd(パー72) 首位タイで出た2016年「マスターズ」王者のダニー・ウィレット(イングランド)が6
2018/11/19ヨーロピアンツアー公式

「マスターズ」制覇から不振 ウィレットが歓喜の復活優勝

「DPワールドツアー選手権」はドラマチックな最終日の末、ダニー・ウィレットが勝者の輪へと返り咲き、フランチェスコ・モリナリが欧州ナンバーワンの称号を手にして幕を閉じた。 イングランドのウィレット
2018/11/19DPワールド ツアー選手権 ドバイ

ウィレットが優勝 F.モリナリがイタリア勢初の年間王者

ボギーの「68」でプレーしたダニー・ウィレット(イングランド)。後続を2打差で振り切る通算18アンダーとし、2016年「マスターズ」以来のタイトルを手にした。 通算16アンダーの2位にマット・ウォレス
2018/11/18DPワールド ツアー選手権 ドバイ

リードとウィレットが首位に並ぶ 谷原秀人は32位に後退

◇欧州男子◇DPワールド ツアー選手権 ドバイ 3日目(17日)◇ジュメイラ・ゴルフエステーツ(アラブ首長国連邦)◇7675yd(パー72) 通算14アンダーとしたパトリック・リード(米国)とダニー・ウィレット
2019/09/24佐藤信人の視点~勝者と敗者~

地に落ちた「マスターズ」覇者の復活

欧州ツアーの旗艦大会「BMW PGA選手権」で優勝したのは、2016年「マスターズ」覇者のダニー・ウィレット選手(イングランド)でした。3年前にオーガスタでグリージャケットを羽織りましたが、その後は
2017/04/05ヨーロピアンツアー公式

「マスターズ」2連覇に意欲を見せるウィレット

ダニー・ウィレットは、自身のキャリアにおける最高の栄光を手にした場所に再訪を果たした。これまで積んできたハードワークは、さらなるメジャーでの栄光につながると自信を持っている。 イングランドの
2016/12/24ヨーロピアンツアー公式

2016年を振り返る:ダニー・ウィレット編

メジャー初制覇、第一子の誕生、「ライダーカップ」でのデビュー。ダニー・ウィレットにとって今年は思い出深き一年となったが、コース上での出来事となると、やはり、公式世界ゴルフランキングをキャリアで初めて
2019/05/19全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」最終日 組み合わせ&スタート時刻

・グローバールーカス・ビェルレガード 1 13:25 2:25 ダニー・リーダニー・ウィレット 1 13:35 2:35 カン・スンリッキー・ファウラー 1 13:45 2:45 ジョーダン・スピースエリック
2018/11/07ヨーロピアンツアー公式

南アフリカで注目の3人

最終盤の巻き返しを期して今大会に臨むことになる。 穴:ダニー・ウィレット ダニー・ウィレットが得意とする大会に帰ってくる。2014年の大会王者による「ネッドバンクゴルフチャレンジ」直近の3大会での
2017/02/12ヨーロピアンツアー公式

「マスターズ」以来のタイトルへ ウィレットが首位に浮上

ダニー・ウィレットが「マスターズ」制覇以来の欧州ツアー優勝へ向け、3打差の首位で「メイバンク選手権マレーシア」最終日に臨むこととなった。 イングランドのウィレット「マスターズ」を制覇したほか
2019/11/11ヨーロピアンツアー公式

ハットンがトルコでの黄昏決着で戴冠

・ローズ、ダニー・ウィレット、そしてベルント・ヴィースベルガーの仲間入りを果たした。 この勝利により、28歳のハットンは「レース・トゥ・ドバイ」ランキングでトップ10圏内に浮上したほか、48位につけてい
2019/07/16全英オープン

2019年「全英オープン」出場者&資格

ブランドン・ストーン アンディ・サリバン マット・ウォレス リー・ウェストウッド ダニー・ウィレット 6:過去3年の「BMW PGA選手権」優勝者 フランチェスコ・モリナリ アレックス・ノレン クリス
2015/12/03ヨーロピアンツアー公式

やる気全開のウィレット

ゲーリー・プレーヤーCCでの全力プレーを誓うダニー・ウィレットは、2年連続で「ネッドバンクゴルフチャレンジ」を制し、完璧なシーズンの滑り出しを決めることを狙っている。 昨年、この大会を4打差で制した