2017/10/17マスターズGCレディース

畑岡奈紗が2週ぶりに参戦 賞金女王争いも佳境へ

8000万円、優勝賞金3240万円をかけて4日間で行われる。昨年は4打差の4位から出た全美貞(韓国)が逆転で大会を制した。 賞金女王争いも残り6戦。同ランク1位のキム・ハヌル(韓国)、2位の鈴木愛、3位の
2017/10/15富士通レディース

趣味の料理で気分転換 テレサ・ルーに戻った笑顔と自信

アンダーで逆転。日本ツアー通算15勝目とし生涯獲得賞金額6億円を突破した。 ひとつ息を吐いた。2打差で迎えた最終18番の3打目。深いラフからの2打目は出すだけ。2位のミニョン(韓国)は2打目で
2017/10/15富士通レディース

テレサ・ルーが今季3勝目 柏原明日架は3打差3位

アンダーとして2打差を逆転。6月「ニチレイレディス」以来となる今季3勝目、ツアー通算15勝目を決めた。 首位から出たミニョン(韓国)は「71」と1つ伸ばすにとどまり、通算12アンダーの2位で終えた
2017/10/14富士通レディース

イ・ミニョンが単独首位 鈴木愛は3打差3位

◇国内女子◇富士通レディース 2日目(14日)◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6662yd(パー72) 今季2勝で賞金ランキング3位のミニョン(韓国)が6バーディ、ノーボギーの「66
2017/10/13富士通レディース

混戦の幕開け 鈴木愛、笠りつ子ら4人が首位発進

うこ、笠りつ子、ミニョン(韓国)と首位に並んでスタートした。後半14番からの4連続バーディでリーダーボードを駆け上がった。 4アンダーの5位に、2015年大会覇者のテレサ・ルー(台湾)と、富士通所属
2017/10/08スタンレーレディス

吉田弓美子が逆転優勝 畑岡奈紗は3連勝ならず

逆転し、4月の「フジサンケイレディス」に続く今季2勝目を挙げた。ツアー通算7勝目。 吉田は3人が首位に並んだ最終18番でバーディを奪って勝負を決めた。 藤本麻子、ミニョン(韓国)が1打差の通算8
2017/10/07スタンレーレディス

テレサ・ルーが首位浮上 畑岡は6打差7位

たたき出し、通算9アンダーの単独首位に浮上した。今季2勝を挙げて、賞金ランキング5位。悲願の賞金女王へ大きなステップとなる3勝目を視界にとらえた。 通算8アンダーで2位に続くのは、今季2勝のミニョン(韓国
2017/09/15マンシングウェアレディース

全美貞が首位 1打差に岡山絵里と比嘉真美子

2人。5アンダー4位に青木瀬令奈、成田美寿々、川岸史果、O.サタヤ(タイ)に加え、アン・ソンジュ、ジョン・ジェウン、ミニョンの韓国勢の計7人が並んだ。 今季国内10戦目のアン・シネ(韓国)は1
2017/09/13マンシングウェアレディース

新ドラコン女王誕生なるか 賞金タイトル争いにも注目

)、米ツアーを主戦場とする宮里美香と予選同組。キムを約1500万円差で追う同ランク2位の鈴木愛、同3位のミニョン(韓国)らも出場し、賞金タイトル争いにも注目が集まる。 前週「日本女子プロ選手権大会
2017/09/10日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

「まだまだイケる!」38歳・李知姫は永久シードへあと8勝

展開。16番のボギーで、後続のミニョン(韓国)に並ばれた。「絶対プレーオフまでは行く。そのために17番、18番でバーディを獲らないと」。気持ちを決めた。 17番(パー3)、5UTのティショットは
2017/09/10日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

38歳の李知姫が国内女子メジャー2勝目 2打差で逃げ切り

2008年「日本女子オープン」以来となるメジャー2勝目で飾った。 通算3アンダーの2位にミニョン(韓国)。通算2アンダーの3位に首位タイからツアー初優勝を狙った東浩子が入った。 通算1アンダーの4位に川岸史果、柏原明日架…
2017/09/09日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

東浩子と李知姫が首位で最終日へ 藤田さいきが1差

迎えられるので、優勝を目指したい」と意気込んだ。 通算2アンダーの3位に2010年大会覇者の藤田さいき。通算1アンダーの4位に黄アルムとミニョンの韓国勢。通算イーブンパーの6位に、前年覇者の鈴木愛と
2017/09/08日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

柏原明日架、東浩子、黄アルムが首位に並んで決勝へ

という気持ちが強い」と初勝利を貪欲に狙う。 3打差の通算1アンダーの4位に笠りつ子、川岸史果、ミニョン(韓国)、サイ・ペイイン、フェービー・ヤオ(ともに台湾)の5人。5位から出た前年優勝の鈴木愛は
2017/09/07日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

柏原と一ノ瀬が暫定首位 ハヌル1打差、鈴木2打差

、権藤可恋、フェービー・ヤオ(台湾)の5人が続いた。 1アンダーの暫定10位には、・ボミ(韓国)、テレサ・ルー(台湾)、申ジエ(韓国)、ミニョン(韓国)、知姫(韓国)ら海外の強豪に…
2017/08/27ニトリレディス

申ジエが今季初優勝 森田理香子6位

3年目での初優勝には届かなかった。通算7アンダーの3位にミニョン(韓国)。通算5アンダーの4位に知姫(韓国)。通算4アンダーの5位に賞金ランキング2位につける鈴木愛が入った。 ウェイティングから