ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

香妻琴乃はファンの支えも力に 苦難の先に待っていた初優勝

2018/09/16 18:55


◇国内女子◇マンシングウェアレディース東海クラシック 最終日(16日)◇新南愛知CC美浜コース (愛知)◇6446yd(パー72)

18番グリーン上で行われた優勝インタビュー。ギャラリーからの盛大な拍手に思わず涙がこぼれた。今季はツアー出場権を持たない香妻琴乃が、史上初となるウェイティング(欠場者が出たことによる繰り下がりでの出場)からの初優勝(※)をもぎとった。

「泣くつもりはなかったんですけど。キャディさんに『ゴルフをしていて良かったね』と言われて。ゴルフが嫌いな時期もあったけど、優勝する日が来てすごくうれしい」

3打差を追いかける展開でも焦りはなかったという。最初の1番で5mのバーディパットを沈めるなど、前半アウトだけで5バーディを奪った。イ・ミニョンアン・ソンジュ(ともに韓国)、岡山絵里と通算14アンダーで首位に並んでいた最終18番では、121ydからPWで2.5mにつけてバーディフィニッシュ。8バーディ、ノーボギーの「64」のプレーで頂点に立った。

プロ8年目の26歳という若さながら、ケガに苦しめられてきた。2014年10月に歩くのも困難な腰痛を発症し、16年は賞金ランキング52位、17年は同63位と賞金シード(同50位以内)を逃してきた。昨年の予選会も三次試験(サードQT)で失敗し、18年は出場試合数が限られることになった。スポンサーへの後ろめたさもあり、ゴルフが楽しくない時期もあった。その中でも、腰痛治療のために電気治療器(約50万円)を購入。大会ごとにホテルに持ち込み、再発の防止に務めた。

シーズン序盤は不振が続いていたパッティングにもキレが戻ってきた。グリーン上で悩んでいた香妻に対し、ファンから父・尚樹さん(54)を通して、平均パット数1位を記録した2014年当時などの映像が届けられたという。「体からボールが離れて手だけで打つ、悪い癖を直しました。よくある私のミスです。体の近くに構えることだけを意識してストロークするようにしました」。この日のパット数も28打と、18ホールを通して安定した。

試練を覚悟していたシーズンは、この初優勝により一変。地元で開催する今季最終戦のメジャー「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」(宮崎カントリークラブ)の出場権も得た。「地元宮崎での試合だし、メジャーで勝つのがこれからの目標」と2勝目に向けてすぐに気持ちを高めた。(愛知県美浜町/玉木充)

※ウェイティングからの優勝は、O.サタヤ(タイ)がツアー通算3勝目とした2017年「ゴルフ5レディス」以来2度目。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 マンシングウェアレディース東海クラシック




特集SPECIAL

2019年 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年にお伝えしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。 歴史的快挙が続いた1年間をランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには中山綾香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。