2019/12/06

ベストパットは?渋野日向子が地元で2019年振り返り

浮かばない」とする一方、パットは7月「資生堂アネッサレディス」最終日の後半15番で、15mをねじ込んだバーディパットを挙げた。「ゴルフは何が起こるか分からない。怖いなと」。首位を走っていたミニョン
2019/11/23大王製紙エリエールレディス

【速報】渋野日向子「66」 首位に3打差でホールアウト

ランキングでは来季シード(50位以内)の圏外となる61位にいる。 通算15アンダーにペ・ソンウ(14ホール終了)。通算14アンダーに「67」でホールアウトした前年覇者の勝みなみ、ミニョン(韓国
2019/11/03樋口久子 三菱電機レディス

鈴木愛「すっごくゴルフをやりたくない」から完全優勝

出来るんだぞ!というところを見せたい」と新たな目標を口にした。 今回の優勝で、賞金ランキングはミニョン(韓国)を抜いて3位に躍り出た。獲得賞金は1億188万5165円となり、首位の申ジエ(韓国)との差
2019/10/16富士通レディース

柏原明日架はツアー2勝目なるか 賞金トップ2が欠場

「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」で、悲願のツアー初優勝を挙げた。ホステスプロとしてツアー2勝目を狙う。 賞金女王争いが過熱するシーズン終盤戦。賞金ランク3位のミニョン(韓国)、同5位の穴井詩、同8位の
2019/09/22デサントレディース

劇的逆転優勝 渋野日向子Vの振り返り

。勝因に挙げた「笑顔」は、次第に彼女の代名詞となっていった。 プレーオフを制し2勝目(7月「資生堂アネッサ」) ミニョン(韓国)をプレーオフで破り、ツアー通算2勝目を挙げた。優勝会見では国内メジャー
2019/09/22デサントレディース

渋野日向子が8打差大逆転優勝 全英制覇後初V

・ルー(台湾)、上田桃子らと並んで通算11アンダー2位に終わった。通算10アンダー7位にミニョン(韓国)、野澤真央の2人がつけた。 ※ツアー史上最大の最終日逆転優勝は2002年「廣済堂レディスゴルフカップ」で11打差を逆転した藤野オリエ
2019/09/21デサントレディース

鈴木愛が4打差3位 申ジエ首位堅守

。通算13アンダーで首位を守った。3打差2位にミニョン(同)がつけた。 今季4勝の鈴木愛が7バーディ、1ボギーの「66」でプレー。通算9アンダーで知姫(韓国)、テレサ・ルー(台湾)と並んで3位で最終
2019/09/13GDOEYE

同学年3人で今季5勝 若手キャディが奮闘中!

、もう1人。17年6月にプロキャディとなった中川桂輔さん(25歳)も2人と同学年。同年7月の「ニッポンハムレディス」で初タッグを組んだミニョンと初優勝(は2勝目)を飾ると、以降はの専属として今季2
2019/09/12日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

新記録の渋野日向子は11位発進 首位に高橋彩華、朴仁妃

遥、山路晶と、いずれも韓国のミニョン、アン・ソンジュ、全美貞の8人が並んだ。 8月の「AIG全英女子オープン」を制した渋野日向子は5バーディ、3ボギーの「70」でプレーし、2アンダーの11位タイ
2019/09/08ゴルフ5レディス

楽天ポイント50万円分ゲット 高橋彩華は最多バーディ賞

ていたが、自分でも(上位に)行けると思えるようになった」と自信がついたようだ。 終わってみれば3日間で18個のバーディを積み上げており、優勝したミニョン(韓国)とともに最多バーディ賞を獲得した
2019/09/08ゴルフ5レディス

「アホなんかなと思った」浅井咲希は惜敗2位

チャンスを逃し、反省の言葉を並べた。 「何してんのやろ」「アホなんかなと思った」。通算16アンダーのミニョン(韓国)が先にパーでホールアウトし、1打差で迎えた2mのバーディパットがカップ手前の縁で
2019/09/08ゴルフ5レディス

イ・ミニョンがツアー5勝目 浅井咲希2位

◇国内女子◇ゴルフ5レディス プロゴルフトーナメント 最終日(8日)◇GOLF5カントリーサニーフィールド(茨城県)◇6380yd(パー72) 首位タイから出たミニョン(韓国)が5バーディ、1