ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

香妻琴乃が涙の初優勝

◇国内女子◇マンシングウェアレディース東海クラシック 最終日(16日)◇新南愛知CC美浜コース (愛知)◇6446yd(パー72)

10位タイからスタートした香妻琴乃が8バーディ、ボギーなしの「64」として3打差を逆転し、通算15アンダーでツアー初優勝を飾った。18番のバーディで混戦を抜け出して後続を待ち、最終的に1打差で振り切って歓喜の涙を流した。

<< 下に続く >>

香妻は2011年にプロ転向した26歳。これまで何度も優勝争いを演じながら、この2シーズンはシードを確保できていなかった。今季は6位で終えた8月「CAT Ladies」から調子を上げ、初優勝につなげた。

通算14アンダーの2位に、アン・ソンジュイ・ミニョン(ともに韓国)、岡山絵里新垣比菜の4人。通算12アンダーの6位にアマチュアの安田祐香(兵庫・滝川第二高3年)、鈴木愛キム・ハヌル(韓国)の3人が並んだ。通算11アンダーの9位に永峰咲希が続いた。

首位から出たささきしょうこセキ・ユウティン(中国)はともに伸ばせず、それぞれ通算10アンダーの10位、通算8アンダーの15位に終わった。

<上位の成績>
優勝/-15/香妻琴乃
2T/-14/アン・ソンジュイ・ミニョン岡山絵里新垣比菜
6T/-12/安田祐香(アマ)、鈴木愛キム・ハヌル
9/-11/永峰咲希

関連リンク

2018年 マンシングウェアレディース東海クラシック



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!