ニュース

米国男子ライダーカップの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ライダーカップ
期間:09/28〜09/30 メディナカントリークラブ(イリノイ州)

【WORLD】ライダーカップ史上最も名高いショットは、実際には打たれたものではない

Golf World(2012年9月17日号)

1969年9月。ある土曜日の夕方。ロイヤルバークデールで、ジャック・ニクラスは18番ホールのカップからボールを取り出すと、トニー・ジャクリンのマーカーに手を伸ばし、それをつまみ上げた。この行為は、アメリカ代表がイギリス代表と同点で終わることを確定するものだった。これが「ライダーカップ」史上初めての引き分けだ。

ニクラスはジャクリンと握手すると、その肩に腕を回した。「君はあのパットを外さなかったと思う」。ニクラスはジャクリンに言った。「だが、あの状況の中でパットするチャンスはあげないよ」。

この振る舞いは、のちに「ザ・コンセッション」と呼ばれる、ゴルフのスポーツマンシップを示す最高例として知られることになる。仲間意識と友情が生んだ瞬間が、国際大会の理想的な姿が持つ重要な要素を示していた。

1969年9月21日付けのニューヨーク・タイムズ紙で、フレッド・タッパーは次のように書いている。「ライダーカップが誇る42年の歴史の中でも最も波乱な最終局面で、全英オープン覇者のトニー・ジャクリンが17番ホールで50フィートのパットを沈め、ジャック・ニクラスと引き分けるチャンスを作った。…18番パー5のロングホールでは、両者ともにグリーンに2打で乗せ、トニーはショートし、ニクラスはカップを5フィートオーバー。この日の午前中(当時は、午前に8マッチ、午後に8マッチと、シングル・マッチが2セット行われていた)、ニクラスはこの距離のパットを5つ外していたが、この時ばかりはボールをカップの後ろ側に当て、アメリカ代表のポイントを16とした。イギリス代表のポイントも16で、1927年にスタートしたこの大会で、初めて引き分けとなった」。

1969年9月29日発行のスポーツ・イラストレーティッド誌に掲載されたグウィリム・S・ブラウンの記事はこうだ。「ニクラスとジャクリンは、両者ともに18番ホールで2オンに成功したが、ジャクリンがパーを確実にした後、ニクラスが最初のパットを打って、ホールを5フィート越えてしまった。約8000人のギャラリーがグリーン周辺に群がっていたが、その完璧なまでの静けさは、パットを外すように願う、声なき祈りのようで、熱気すら帯び始めていた。そんな中、ニクラスはパットを沈め、引き分けにこぎ着けた」。

1969年9月30日発行のゴルフ・ワールド誌では、マーク・ウィルソンがこう記している。「シリーズ初参戦のジャック・ニクラスが、5フィートのパットをしようと、大きな体を猫背に丸め込んだ。この1打は、50000ドルやわずか1セントのためではない。ゴルフ界におけるアメリカのプライドのためだ。そこに何が懸かっているのか、ニクラスは知っている。イギリス代表との戦いで、この最後のパットを決めれば、アメリカ代表はスリルを味わえる。このパットを決めれば、前回勝者のアメリカは、引き分けという形で、ライダーカップを持ち帰れる。だが、もしパットを外せば、イギリス代表が18度の挑戦で4度目の勝利を手に入れることになる。最後は12年前にさかのぼらなければならない…

いよいよ、ニクラスの準備が整った。観客は息を止め、テレビの前の何百万人というギャラリーは椅子の縁に腰掛けている。そして、ボールは真っ直ぐとホールの真ん中に向かって突き進んだ。ジャックは全英オープン覇者トニー・ジャクリンとの対戦を引き分けとし、ライダーカップは42年の歴史に初めて引き分けを記録することになった」。

しかしながら、イギリスのザ・タイムズ紙や他のゴルフ雑誌も、同じくザ・コンセッションについては触れていない。筆者が見つけたザ・コンセッションについて記している同時期の記事は2つ、オブザーバー紙のピーター・ドブライナーとガーディアン紙のパット・ワード・トーマスのものだ。ドブライナーは、「ニクラスは、寛大にも、全英オープン優勝者トニー・ジャクリンに2フィートのパットを譲った」と書いている。ワード・トーマスは、この振る舞いをより誇張して書いている。「引き分けとするために、ジャクリンの短いパットを譲ったニクラスの行動こそ、男の中の男の振る舞いで、忘れがたき勝負の心そのものだ」。

Golf World(2012年9月17日号)
おすすめ記事通知を受け取る

世界のトッププロの情報をいち早く 「Style-WORLD」
海外トッププロのインタビュー。トッププロコーチによるレッスン、最新ギア・アイテムの紹介など、世界の最新ゴルフ情報が満載。スマートフォン限定として、海外プロコーチによるレッスンコンテンツが楽しめます。

関連リンク

2012年 ライダーカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。