最近のニュース 新着一覧≫


2020/07/06ヨーロピアンツアー公式

今季これまでを振り返る: 歴史的快挙

ラスムス・ホイガールトとリー・ウェストウッドは、ともに今季序盤の勝利でヨーロピアンツアーの歴史にその名を刻んだ。 新規シリーズ、UKスイング初戦の「ブリティッシュマスターズ」を前に、オーストリアでの
2020/04/16ヨーロピアンツアー公式

「僕は歴史の一部になった」 1991年マスターズ名場面

通り。パットは入った。あれは若いゴルファー皆の夢だった。ニック・ファルドからグリーンジャケットを受け取ったとき、メジャー初制覇の素晴らしい感慨に浸った。僕は歴史の一部になったんだ」
2020/09/02ヨーロピアンツアー公式

「アンダルシアマスターズ」で知っておくべき5つのこと

「ポルトガルマスターズ」、そして9月17日から20日にかけてロイヤルオビドスS&GRで「ポルトガルオープン」の2大会が開催される。 多くのツアー大会を開催してきたコースの豊かな歴史 RCバルデラマで「アンダルシア
2013/05/16ヨーロピアンツアー公式

ボルボワールドマッチプレー選手権の歴史を探る

ファーストラウンドの為に24人の選手が3グループ各8名ずつに分かれ開催されるこの大会。歴史上の人物にちなんで名付けられたトラシアンクリフゴルフ&ビーチリゾートで初めてのワールドマッチプレー選手権が開催されて
2020/08/20クラブ試打 三者三様

シグマ2 パターを筒康博が試打「1インチ長めがおすすめ」

モデルとして、発売から1年半を過ぎたいまなお、売り上げの上位をキープしている。そんな歴史を刻んだ名作パターを、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。変幻自在に球を操るクラブフィッター・筒康博
2020/08/22クラブ試打 三者三様

シグマ2 パターを万振りマンが試打「唯一無二の打感」

ウィニングパットを生んだモデルとして、発売から1年半を過ぎたいまなお、売り上げの上位をキープしている。そんな歴史を刻んだ名作パターを、ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が採点。フルスイング系
2019/12/09ヨーロピアンツアー公式

10代のホイガールトがモーリシャスで歴史的勝利

ラスムス・ホイガールトがプレーオフまでもつれ込んだ激闘を制して「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」で優勝を飾り、史上3番目の若さでヨーロピアンツアー制覇を遂げた。 デンマーク出身の18歳は、72ホール目でバーディを奪って通算19アンダーとして、イタリアの…
2020/07/15ヨーロピアンツアー公式

「ユーラムバンクオープン」で知っておくべき5つのこと

、クラブ選択の正確さと精密な飛距離のコントロールが求められる。 ロースコアの歴史 前週「オーストリアオープン」を制したマーク・ウォーレン(スコットランド)と1打差2位に入ったドイツのマルセル
2020/09/09ヨーロピアンツアー公式

「ポルトガルマスターズ」について知っておくべき5つのこと

の強いフィールドで競い合う素晴らしい場所になると思う」と、フリートウッドは述べた。 ロースコアの歴史 先週ツアー大会が開催されたレアルクラブ バルデラマでは、ジョン・キャトリンが28年ぶりの最多
2019/11/27モテゴル研究部

ゴルフ場にお城?高槻の歴史に思いを馳せる

メンテナンスも行き届いているので、初心者から上級者まで、どのレベルのゴルファーも寛容に受け入れてくれます。 おすすめポイント2こんなところにお城?高槻の歴史を感じられるゴルフ場10世紀に開城し、明治
2020/09/16ポルトガルオープン

「イベリアスイング」最終戦は下部ツアーと共同開催

北上した先にあるオビドスで開催する。新型コロナウイルス感染拡大で延期されたメジャー「全米オープン」と同週に行われる。 第1回は1973年と歴史ある大会だが、前回レギュラーツアーとして行われたのは2017
2020/09/15日本シニアオープンゴルフ選手権競技

谷口徹がシニアオープン連覇に挑む 舞台は100周年の鳴尾GC

、佐藤信人らシニア入り間もない“若手”選手たちの活躍にも期待が集まる。 舞台となる鳴尾GCは、1920年のクラブ結成から今年がちょうど100周年。1936、51年の「日本オープン」、2010年「日本シニアオープン」に続き、歴史ある名コースが熟…
2020/08/02

ゴルフきょうは何の日<8月2日>

するとも思ったけど、日本とも全然違う緊張感。あすもきっと緊張しますよ」と笑い飛ばし、歴史に名を残す決勝ラウンドへと進んでいった。
2020/08/05マラソンクラシック

シーズン再開第2戦は4日間競技 日本勢は河本結ら参戦

競技で開催される。会場は前週大会と同じオハイオ州で、1925年に開場してから今年で95周年の歴史あるコースで行われる。 前年大会はキム・セヨン(韓国)が、通算22アンダーで後続に2打差をつけて逃げ切り