ニュース

米国男子ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーションの最新ゴルフニュースをお届け

パワーランキング:ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション

8年契約の3年目を迎える「ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション」。環境は変われど本質が変わらないのが、この大会だ。

水曜日に第1ラウンドが始まり計90ホールを戦っていた日々は遥か昔。PGAウェストのアーノルド・パーマーコースとジャック・ニクラスコース、そしてラキンタCCの3コースは、素晴らしい156人の選手による戦いの舞台となり続けている一方で、アマチュア選手たちの争いは54ホール終了時点で終わるようになった。3コースのローテーションで大会が行われるのは3年連続だ。

ツアーのプロたちがこのコースで求めているものは、1960年にこの大会が誕生しパーマーが3打差で勝利を納めたとき以来、数十年にも渡り変わっていない。それはつまり、ボールを可能な限り早くホールに入れるということだ。

昨年の予選落ちラインは10アンダー「206」だったのだ! 優勝したブライアン・ゲイは27バーディ2ボギーをマークしたが、それでもなおチャールズ・ハウエルIII、そしてデビッド・リングマースと2ホールのプレイオフを戦わねばならなかった。ゲイはフェアウェイキープ率で2位、パーオン率で4位、パットのスコア貢献率で25位、スクランブル率で4位だった。

3つのコースは全てパー72だが、3コースのうち最長のラキンタCCでさえ僅か7060ヤード。それを踏まえると、この3コースの組み合わせが2013年シーズンに使われたあらゆるコースの中でも最も易しいものであったことに驚きはない。いずれもパーオン率の高さで7位、そして1パットの確率でも上位30位にランクインしている。それこそが、このコースを制するための方程式なのだ。

カリフォルニアの素晴らしい気候も、これまでのロースコアの大会に貢献してきた。そして今週もそうなるだろう。単純に、素晴らしいコンディションが予報されている。約27度の高い気温に加え日差しも強い、そして風はあまり吹かないようだ。

【パワーランキング】

1、ハリス・イングリッシュ

本大会は過去に3度のトップ10入り。ワイアラエではフェアウェイキープ率、パーオン率、アプローチの正確性、パットのスコア貢献率、スクランブル率全てが25位圏外だったものの、単独4位に入った。

2、ウェブ・シンプソン
本大会は5大会連続で7位以上をマーク。パーオン率、パットのスコア貢献率で2位、アジャステッドスコアリングで1位、スクランブル率で4位の素晴らしい成績をマークしている。

3、ブラント・スネデカー
本大会は5度の出場で2度のトップ10。直近21ラウンド全てでアンダーパーをマークしている。膝の怪我から復帰後初出場となったカパルアでは11位タイ。

4、キーガン・ブラッドリー
初出場の2011年に7位タイをマークして以来の出場。米国ツアー直近の5大会全てで16位以上をマーク。

5、ザック・ジョンソン
ワイアラエでは8位タイ。日曜日にパットのスコア貢献率「-2.701」と苦しんだが、それでも「69」でラウンド。直近の11ラウンドで10度「70」を切るラウンドをマークしている。

6、チャールズ・ハウエルIII
プレイオフで敗れた昨年の雪辱に燃える。4度のトップ10入りでツアーを牽引中。アジャステッドスコアリングで2位、スクランブル率で1位をマークしている。

7、ゲーリー・ウッドランド
2011年大会ではプレイオフの末敗れた。現在は良い試合を続け自信を取り戻しており、直近10大会で5度のトップ20入り。

8、ライアン・パーマー
プレーにムラはあるが、ワイアラエでは8位タイ。パーオン率で4位、アプローチの正確性で9位をマークした。本大会は2011年に単独4位、昨年は6位タイ。

9、ブライアン・スチュアード
ワイアラエでは36ホール時点で首位だったが、単独6位でフィニッシュ。今シーズンは3度のトップ15入りをマークしている。本大会は昨年初出場して10位タイだった。

10、ビリー・ホーシェル
固いコースを好むが、昨年の本大会では10位タイ。現在パーオン率で37位タイ、パーブレーク率で6位タイをマークしている。

11、ビル・ハース
2010年大会覇者。連覇をかけた大会ではプレイオフで敗れたが、2005年以降は大会を支配し続けている。本大会では直近の27ラウンド全てでアンダーパーをマーク。

12、ジェイソン・コクラック
今シーズン3度のトップ20入り。アジャステッドスコアリングで現在3位。昨年大会では8位タイ。

13、ロバート・ガリガス
本大会は過去5度の出場で4度のトップ20入り。ニクラス・プライベート at PGAウェストではコースのタイレコード「61」を有する。直近8大会で5度のトップ25入り。現在総合10位タイ。

14、ケビン・ナ
ワイアラエでは8位タイに食い込み、今シーズン2度目のトップ10入り。先週はパーオン率で2位タイ。本大会では2010年、2011年にトップ10入りしている。

15、ブランドン・デ・ヨング
本大会は直近17ラウンド全て、過去23ラウンド中21ラウンドでアンダーパー。さらに直近の5ラウンドでアンダー70をマーク。にも関わらず、過去5度の出場で最高順位は2012年の12位タイ。

情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~