ニュース

米国男子ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーションの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション
期間:01/17〜01/20 PGAウェスト(パーマーコース)(カリフォルニア州)

大混戦の終盤 B.ゲイが三つ巴のプレーオフを制す

◇米国男子◇ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション 最終日◇PGAウェスト・パーマーコース(6950ヤード、パー72)

ホストコースのパーマーコースで行われた最終ラウンド。スコット・スターリングスが5打差リードの単独首位で迎えながらも、次々とビッグスコアをマークする後続組にのみこまれて混戦模様に。通算25アンダーでデビッド・リンメルス(スウェーデン)、ブライアン・ゲイチャールズ・ハウエルIIIの3人が首位に並んでホールアウトすると、同スコアで最終18番(パー5)を迎えたスターリングスは2オンを狙った2打目を池に打ち込み、痛恨のボギーフィニッシュ。決着は3人によるプレーオフにもつれ込んだ。

18番で行われた1ホール目、リンメルスが2打目を池に入れて脱落。バーディを分け合ったゲイとハウエルIIIによる一騎打ちとなり、10番に移って迎えた2ホール目。ハウエルIIIは2打目をグリーンサイドバンカーに打ち込みパーを逃した一方、ゲイはピン手前1.6メートルにつけたチャンスを決めてバーディで決着。09年以来4シーズンぶりとなるツアー通算4勝目を手にした。

通算24アンダーの4位タイにスターリングスとジェームス・ハン。今季初戦のフィル・ミケルソンは通算17アンダーの37位タイで終えている。

B.ゲイ、激しいバーディ合戦を制して4シーズンぶり勝利>
最終ラウンドを独走していたスターリングスを最初にとらえたのがゲイだった。11番までに8つのバーディを奪って猛追し、トップタイに並ぶ。「とにかく積極的に行った。できるだけロースコアをマークしようとね」。正規の72ホール目、最終18番(パー5)でバーディを逃し、逆転の可能性をいったんはあきらめたと言うが、三つ巴のプレーオフを制し「2度目のチャンスがあったことは幸運だった」と喜んだ。

年間2勝を挙げた2009年の「フェデックス・セントジュードクラシック」以来となる4勝目。勝利のなかった期間の不調は、スイングチェンジも理由の一つだった。

「ツアーを戦いながら様々なことを変えていくのは本当に難しい。毎週毎週、コースへ来て、毎日ショットを続ける。でもそれは過程でしかない。毎日、繰り返していくことからポジティブな要素をくみ取るしかない」と41歳。シーズン開幕から20代の若手選手が勝利を重ねてきたが、ベテランが長い4日間を制して意地を見せた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション




特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。