ニュース

米国男子ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーションの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション
期間:01/17〜01/20 場所:PGAウェスト(パーマーコース)(カリフォルニア州)

日本ツアーから、もうひとりのPGAルーキー

ツアーメンバー石川遼のルーキーイヤーとなった2013年の米国男子ツアー。日本で数々の実績を残してきた21歳のプレーには注目が集まるばかりだが、今年日本ツアーから巣立ち、新しいステージでの戦いを始めたのは彼だけではない。リーダーズボードにあるD.H.Leeの名前。昨季まで国内ツアーで2勝をマークしたドンファン(韓国)も、同じくシード権を手にして米国へ乗り込んできた選手だ。

ドンファンは昨年、クオリファイスクールをセカンドステージから出場。ファイナルでは全選手中トップ通過でツアーカードを獲得した。日本ツアーから7人の韓国勢が挑戦し、ただひとり合格。「谷口(徹)さんには『セカンドも甘く見ちゃいけないよ』って言われていました。アドバイスももらっていた。ひとつ、見せることができたかなとも思います」と振り返る。

デビューイヤーの今季、開幕第2戦の「ソニーオープンinハワイ」で初戦を迎え、49位でフィニッシュ。そして今週の「ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション」は、ファイナルでプレーした会場(PGAウェスト ニクラス・プライベート)でもプレー。前週の試合で左肩を痛め、72位に終わったが「悪くはないんですけど、みんながうますぎますね。でもとりあえず2試合連続で予選を通ったし、肩が治れば、なんとかやっていける」と手応えも多少ある。

日本ツアーで5シーズン(2年間の兵役期間を除く)を戦い、これほどオフが短いのは、キャリアではまれな経験だ。それでも「日本では(オフの)期間が空きすぎて、開幕で緊張してしまうところもあったけれど、体力が持つかどうかというだけで、イメージ的にはいい」。拠点は東西へのアクセスが良好で、チェ・キョンジュY.E.ヤンといった先輩プロと同じ、ダラスに構えた。キャディには過去、ティム・クラークセルヒオ・ガルシアカミロ・ビジェガスらのバックを担いだゲーリー・マシュー氏を帯同。タフなスケジュールとも懸命に闘う。

仲間に惜しまれながら激励を浴び、日本を発った。「国籍に関係なく、応援してもらえることがうれしくて・・・。本当にありがたい」。2009年、10年の兵役期間中は“独り言”で日本語を忘れないようにしたというが、これからは英会話が大切。「まだ日本語は大丈夫。半年後はわからないけれど・・・」。しかし「でも遼としゃべれるから」と笑った。

この最終日のホールアウト直後、アテスト小屋の近くですれ違ったベ・サンムンは、ドンファンと顔を合わせると「お!元気?」と日本語で声をかけた。ツアーを代表する新たな選手のひとりとして、もちろん活躍を期待したい。(カリフォルニア州ラ・キンタ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2013年 ヒュマナチャレンジ クリントンファウンデーション




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!