ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ
期間:02/07〜02/10 場所:ペブルビーチGL他(カリフォルニア州)

AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ最終日 レビュー

カークは、首位に2打差以内に肉薄することができなかった。16番で8フィートのパットを決めていればスネデカーにプレッシャーを与えることができたのかもしれないが、外してしまった。この日「66」、通算「269」という成績だったが、これは1937年に始まったペブルビーチの大会史においては、十分優勝に値する素晴らしいスコアだった。

「今年の全米ツアーでは、誰かが電撃的に勝ち抜くような大会がいくつもあったよ。私は、十分優勝できるくらいのラウンドをできたと感じたし、そう遠くない未来に、きっと優勝できると思う」。

<< 下に続く >>

ハーンは2アンダーの「70」でフィニッシュ。「66」のジミー・ウォーカーと「65」のケビン・スタドラーと並んで3位タイ。ハーンの調子は悪くなかった。彼は「ヒュマナチャレンジ クリントンファンデーション」で4位タイだった。そして今回の3位タイで、彼は翌週行われるリビエラでの「ノーザントラストオープン」に参加することになった。今年、未だ予選落ちはなし。そしてフェデックスカップのランキング11位につけている。

この日、モントレーペニンシュラでの唯一のドラマは、パトリック・リードが演出した。最終ホールでの12フィートのバーディパットが決まり、フレデリック・ヤコブソンと並ぶ7位タイへと順位を押し上げた。さらにこのパットにより0.0002ポイント差で、世界ゴルフ選手権「WGCアクセンチュア マッチプレー選手権」の出場権を手に入れたのだ。

世界ランキングに基づきトップ64選手に出場権利があるのだが、今週プレーしなかったシェーン・ローリー(アイルランド)に代わり、最後の座を射止めることとなった。

スネデカーは、2つのトロフィーを手にした。スネデカーとアマチュアのパートナーであるトビー・ウィルトは、プロアマ戦で首位タイとなった。トビーは、ナッシュビルの投資家であり、スネデカーとは長い友人である。ウィルトは、バンダービルト大のゴルフ奨学金提供者であり、スネデカーはなんと、その奨学金の最初の受給者だったのだ。

スネデカーは長い道のりを歩んできたが、スタート地点にたったばかり、とも言える。
「アメリカ人最強のゴルファーとして名を馳せたいんです。こうなるまでには長い道のりでした。だけど、今年はとても良いスタートを切っています。ここ2週間で、もしウッズやミケルソンがプレーしてなかったら優勝していた、ということを除けばそんなに名前も出ていないのでね」。

前年優勝のミケルソンは、18番ホールで2球も余計に海へ打ち込んでしまった。しかし今回は、岩の上で転ぶことがなかったのが何よりだ。「72」で終えて、60位タイとした。

スネデカーは、最初の7ホールを果敢に攻めると言う戦略をとった。これこそが、スコアを伸ばす鍵となった。

彼はパー5の2番ホール、グリーンのカラーで4番アイアンを使い、4フィートの位置からイーグルを奪った。4番ではハーンと共にバーディを奪い、そしてパー5の6番では3番ウッドでグリーンのカラーに乗せた。20フィートから2パットで、バーディを奪った。

そこから、フェデックスカップチャンピオンは試合の残りのことを心配しなければいけなかった。カーク、ウォーカー、そしてレティーフ・グーセンまでもが追随していたのだ。さらに、スネデカーが9番ホールでボギーとした際には、彼らを助けているかのようにも見えた。

スネデカーは今週の大会でボギーが5つ。そのうち、直後のホールでバーディを奪ったのが4回。10番ホールで25フィートのバーディパットを決め、そして続く11番では15フィートのバーディパットを決め、4打差に広げた。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2013年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!