ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

B.スネデカーが通算19アンダーで今季初優勝

◇米国男子◇AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ 最終日◇ペブルビーチGL◇6816ヤード(パー72)

3会場で行われた予選ラウンドが終了し、最終日はメインとなるペブルビーチゴルフリンクスで18ホールの決勝ラウンドが行われた。優勝を果たしたのは昨年のフェデックスカップ王者ブラント・スネデカー。2番パー5でイーグルを奪い勢いに乗ると、6つのバーディを量産。ボギーは9番の1つに抑え、通算19アンダーまで伸ばして今シーズンの初勝利を手にした。

今季開幕戦で3位となったスネデカーは、第3戦の「ヒュマナチャレンジ」で23位となったが、その後の2試合はいずれも2位と好調をキープ。先週の時点で賞金ランキング首位に浮上しており、この勝利で2位以下との差をさらに広げることになった。

通算17アンダー単独2位はクリス・カーク。通算14アンダー3位タイにはケビン・スタドラージミー・ウォーカージェームズ・ハーンの3人。通算13アンダー単独6位にジェイソン・デイ(オーストラリア)が続いた。

日本から唯一出場している今田竜二は、通算4アンダー40位タイ。初日に首位と1打差の3位タイと好スタートだったが、2日目に17位タイ、3日目は36位タイ、そして最終日もスコアを1つ伸ばしたが順位を上げることは出来なかった。

また、今大会過去4勝と相性の良さを持つフィル・ミケルソンは通算1アンダーの60位タイ。大会連覇と2週連続優勝の期待がかかったが、見せ場なく4日間の戦いを終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。