ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

2003年米国ツアーを振り返って

ビジェイ・シンタイガー・ウッズの4年連続賞金王の座を奪い取った。ウッズは5年連続PGA・オブ・アメリカのPOYオナー、及びヴァードン・トロフィーを獲得した。また、テキサス州出身のチャド・キャンベルはザ・ツアー選手権で初優勝した。

「フーターズ・ツアー、そしてネイションワイドツアーを独占した彼は、米国ツアーをも独占しようとしている」と、UNLVで元ルームメイトだったクリス・ライリーは語る。29歳のキャンベルは米国ツアー2シーズン目で、ツアーのボール・ストライキング・カテゴリーを独占した。「ザ・ツアー選手権」でも正確なプレイを見せ、パターの腕前も凄まじいものだった。物静かなこの選手は、3日目にコース記録のスコア61を叩き出し、特別に108万ドルを手に入れた。3日目と最終日の前半を合わせた27ホールで、キャンベルは15アンダーを叩き出した。最終的に通算16アンダー、2位のチャールズ・ハウエルIIIに3打差つけての優勝だった。

<< 下に続く >>

「キャンベルはつまらないゴルフをする。でもゴルファーはそうであるべきだ」とハウエルは語った。一方、「ハウエルは必ずフェアウェイかグリーンに乗せる」とキャンベルは言う。キャンベルは、スウィングのインストラクターがついた事が無いという、ツアーでは変わった選手だった。米国ツアーのクオリファイングスクールの第2次予選を1996年から1999年まで3回失敗。でも、彼独自のやり方は成功に繋がったようだ。「独学だ。自分にシックリきたやり方を見つけた。今もそうだ。シックリこない場合はすぐに変える」とキャンベルは言う。

キャンベルが育った人口10,000人のテキサス州、アンドリュース市には、ゴルフコースは1つしかない。彼のスタイルはゴルフも人生もシンプルにというものかも知れない。ツアー・メディア・ガイドに唯一記載されている彼の趣味は狩りだ。派手と言えば、今年彼が獲得した390万ドルの賞金ぐらいだろう。これは米国賞金ランキング7位の成績である。「彼は飾り気のない人だ。大学時代彼はドライブスルーで何もトッピングされてないチーズバーガーを頼んでいた」とライリーは言う。しかし、ザ・ツアー選手権までの道のりは華やかだった。

今年は1996年以来初めてツアー・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーを決めるのが非常に困難だ。現在「プレイヤー・オブ・ザ・イヤー」の候補は4名。ウッズ〔5勝〕、シン〔4勝〕、デービス・ラブIII〔4勝〕、及びマイク・ウイア〔3勝〕の誰が優勝し、プレイヤー・オブ・ザ・イヤーの座を獲得してもおかしく無い。しかし、シーズン最後のツアーでは、シン及びラブは5位、ウイアは19位に終わり、またタイガーの結果は26位だった。過去6年間で、5度この賞を受賞しているウッズとシンが最優先候補に挙がっているようだが、選手の成績を評価するまでは投票しないと多くの選手は述べた。

「凄まじい競り合いになるだろう」とラブは語った。トーナメント優勝回数、賞金、及び平均スコアを重視する計算式に基づき選手に付与されるPGAアメリカPGAPOY賞を、ウッズは既に5回連続受賞している。ウッズは、シン及びウイアより10ポイント多い88ポイントに終わった。これで6度目のPGAPOYを獲得し、最も受賞数が多いトム・ワトソンと並んだ。

どちらの賞がより重みがあるかと聞かれたウッズは「(PGAの)ポイントシステムは 公平だ。また同僚の敬意を得ることができる。これは究極なほめ言葉だろう」と答えた。また、ウッズは平均ストローク数が最も少ない選手に贈られるでヴァードン賞を5年連続で獲得した。これはビリー・キャスパー及びリー・トレビノと同じく最も多い受賞数となる。今回の68.41というスコアはツアー史上2番目に少ないものだった(2000年にウッズは67.79というスコアを残している)。 シンは今回68.65で2位だった。

今年のウッズの賞金は667.3万ドル。しかし、シンは757.3万ドルの賞金を獲得している。これは2000年にウッズが得た918.8万ドルという賞金に続き、歴代2位である。また、シンは27試合中トップ10入りが18回。これは、1981年トム・カイトが持つ26試合中トップ10入りが21回に次いで第2位の記録。しかし、カイトはPGAPOY賞は獲得していない〔1990年までPGA ツアーは存在しなかった〕。カイトはトーナメントを1勝し、全英オープンを含む3回優勝を飾ったビル・ロジャースに敗北した。

「ベストなゴルフができたと思う。できればプレイヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞したいが、もし選ばれなかったとしても、できる限りの事はやり遂げた」とシンは語った。ウッズはツアー優勝回数、平均スコア、勝率でリード。一方、シンは賞金でリードし、トップ10入り回数でも上回っている。

ベテラン選手、スチュアート・アップルビーは「誰が受賞するかは歴然としている。ビジェイは100度程トップ10位を飾っているが、タイガーより数多くの大会に参加している(9つ多い)。タイガーも多くの大会に出場していたら、賞金もそれだけ多いだろうから誰が受賞するかは明らかだろう。ビジェイはタイガーより100万ドル多く獲得し、賞金王の座を得て、〔POY賞を〕競っている。平均スコア、及び優勝回数の方が遥かに重要だ」と語った。

主要4大会で〔マスターズでの優勝、及びトップ7位を2度飾った〕ウイアが最も素晴らしいプレーを見せたため、ウイアに肩入れする方もいるだろう。しかし、ウッズの優勝の数には2つ足りず、またトップ5の座はウッズと比べ6つ少ないし、トップ10の座はシンと比べ8つ少ない。200名の選手が投票する権利を持っている(15試合以上大会に出場した選手のみ)が、毎年多くて75%の選手が実際に投票する。受賞者は12月8日に発表される。

ウッズがメジャーを、またフィル・ミケルソンがトーナメントを優勝せず、それに加えデビッド・デュバルがトーナメントで25位内に入れなかった波乱のシーズン。いったい誰が受賞するのか予測するのは非常に難しい。パターの名手であるブラッド・ファクソンは「ビジェイが受賞するような気がする」と述べた。何名かの選手はウッズ以外の選手に投票するかも知れない。「同じ選手が受賞する事に退屈する人もいる。そのためタイガーは何票か失うかもしれない」とデービス・ラブIIIは言った。

また、友情という要素もある。1991-1992年に受賞したフレッド・カプルスは、先月述べたように、「皆それぞれ好きな選手がいる。友人に投票するケースも幾つかあるだろう。ラブが受賞する可能性があった場合、タイガーも好きだが、ラブは私の友人でもあるため、彼に投票するだろう」とコメント。

最後にハウエルは、「多くの人がビジェイに何票入れるかを気にしているようだ。これは皆がビジェイの事をどう思っているかを反映しているが、彼のゴルフコースでのプレーのみを基準に投票してもらいたい。これは人気コンテストではない」と皆が公平に投票する事を期待していた。

Golfweek

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!