ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍がチャン・チョンを抜いて世界ランク7位に浮上!

★ADT賞金ランキング

20名のみの選手だけで争われた「サムスン世界選手権」は好調なゴルフを続けるロレーナ・オチョア(メキシコ)が、最終日に7アンダーの「65」、通算16アンダーで優勝としている。4日間で17個のバーディと1個のイーグルを記録したオチョアに対し、24個のバーディを奪取したのがアニカ・ソレンスタム。しかしソレンスタムは、ボギーが8つ、ダブルボギーが1個とミスも多くスコアはオチョアと4打差の12アンダーで2位フィニッシュとなっている。オチョアは賞金女王争いで2位に浮上したソレンスタムとの差を43万ドル強と広げている。最終戦となるADT選手権(プレーオフ)の優勝賞金は100万ドルが用意されているだけに最後まで賞金女王争いは続く。

<< 下に続く >>

今シーズン最後、8試合目の出場となったミッシェル・ウィは、奮わず20人中17位でフィニッシュとなっている。8試合に参戦したウィの獲得賞金額は730,921ドルでツアーの中では14位相当となる。(注:ウィーはLPGAツアーメンバーではないため賞金ランキングには名前が載らないのと出場可能な試合数はツアー競技6試合と「全米女子オープン」、「全英女子オープン」の8試合となっている)

シーズン33試合中28試合を終えた時点の賞金ランキング
順位/選手名/獲得賞金
1位/ロレーナ・オチョア(メキシコ)/$2,342,872
2位/アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)/$1,906,126
3位/カリー・ウェブ(オーストラリア)/$1,889,613
4位/クリスティ・カー/$1,502,190
5位/金美賢(韓国)/$1,283,802
6位/ジュリー・インクスター/$1,220,265
----------------------
21位/宮里藍/$482,203

来期のシード権が決定
40位までの選手が2008年までの2年シード権のフルシード
41位から90位までの選手が2007年シーズンのフルシード権が与えられる
91位から125位までは条件付準シード権となっている

★ロレックス世界ランキング

サムスン世界選手権で優勝したオチョアには20.56点、2位のアニカ・ソレンスタムには12.34点の世界ランキングポイントが用意されていた。世界ランキングはここ2年間のポイントが反映されるためアニカ・ソレンスタムのナンバーワンの座は変動はないが、オチョアは半年前にはランク5位でアニカとの差は平均ポイント数で9.86点もあったが、現在は2位で差は5.58点と縮まっている。日本ツアーで2位フィニッシュとなった宮里藍は10.0点を獲得し1ランクアップの7位としている。

順位/名前/試合数/平均ポイント
1/アニカ・ソレンスタム/43/17.24
2/ロレーナ・オチョア/52/11.66
3/カリー・ウェブ/47/10.39
4/クリスティ・カー/48/9.24
5/ジュリー・インクスター/41/7.41
6/ポーラ・クリーマー/53/7.07
7/宮里 藍/55/7.03
8/チャン・チョン/57/6.80
9/大山志保/67/6.19
10/ミッシェル・ウィ/16/6.06
----------------------
13/不動裕理/52/5.51
24/福嶋晃子/51/3.57
25/横峯さくら/64/3.55
34/古閑美保/63/2.76
47/藤井かすみ/52/2.40
51/中田美枝/56/2.26
52/服部道子/58/2.25
53/諸見里しのぶ/41/2.22

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!