ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

女子プロトーク 記事一覧

2023/09/23女子プロトーク

2023年9月 佐々木慶子【第4回】たぶんプロゴルファー

ゲームが大好き。今はゴルフ練習場のゼネラルマネジャーの仕事があるのであまりできないが、休みがあって何をしてもいいなら、徹夜でも、一日中でもしていたい。 子どもの頃から、オンラインで友達と対戦したり、一..
2023/09/16女子プロトーク

2023年9月 佐々木慶子【第3回】レジェンズツアーで学んだこと

ドライバーの平均飛距離は年齢を重ねても変わらず、約250ヤードを誇る。14本のクラブの中で一番曲がらないのがドライバーで、得意としている。 一方で、パターの苦手意識が強いが、パットラボで数値を計測する..
2023/09/09女子プロトーク

2023年9月 佐々木慶子【第2回】まだまだ若い選手には負けない!

ゴルフを本格的に始めたのは19歳と遅い。それまでは、サッカー、水泳、バドミントンというスポーツ歴があり、運動神経には自信があった。ゴルフだけが思い通りにならず、やめられないのが今でも現役を貫いている理..
2023/09/02女子プロトーク

2023年9月 佐々木慶子【第1回】スコアより理想のスイング

1976年11月6日生まれの46歳で、神奈川県川崎市出身。2002年、プロテストにトップ合格して74期生となる。翌年のルーキーイヤーに、ステップアップツアー「SANKYOレディスカップ」で優勝。 20..
2023/08/26女子プロトーク

2023年8月 山口すず夏 【第4回】野球ファン最高の一日

特技は指笛をふくこと。子どもの頃に沖縄の伝統芸能「エイサー」を踊った時に覚えたのがきっかけ。 趣味は野球観戦で、時間があればセ・リーグは地元のベイスターズ、パ・リーグはスポンサーのロッテを球場に行って..
2023/08/19女子プロトーク

2023年8月 山口すず夏 【第3回】マスターズチャンピオンからのアドバイス

ドライバーショットの平均飛距離はランも入れて約260ヤードで、欲を言えばあと5ヤードほどキャリーが欲しいと思っている。小学校3、4年まではパットが苦手で、毎日家のパターマットで100回続けて入れるまで..
2023/08/12女子プロトーク

2023年8月 山口すず夏 【第2回】フツーの女子高生に憧れて

7歳の頃、父親の通う練習場について行き、ゴルフが好きになってスクールに通い始めた。 神奈川県相模原市立鵜野森(うのもり)中学を卒業し、団体戦に出場したいという理由で、ゴルフ部のある東京・共立女子第二高..
2023/08/05女子プロトーク

2023年8月 山口すず夏 【第1回】3回目のプロテスト

2000年8月2日生まれの23歳で、神奈川県相模原市出身。東京・共立女子第二高を卒業した。小学2年生からゴルフを本格的に始め、2013年、14年と「神奈川県アマチュアゴルフ選手権」を連覇。 15年に「..
2023/07/22女子プロトーク

2023年7月 縄田屋ももか 【第4回】のほほん、穏やか、やや天然

特技はわりときれいな片手側転ができること。子どもの時に体操教室に通っていたので、体を動かすのは得意だ。チャームポイントは目がなくなってしまうほどの笑顔。 試合でうまくいかずにイライラしても、表情には出..
2023/07/15女子プロトーク

2023年7月 縄田屋ももか 【第3回】オシャレより機能性

ドライバーでのティショットが怖くなり、ティイングエリアに立つのも嫌で、3番ウッドで打っていたこともあった。最近は、練習場では違和感がなくなってきたが、コースでアドレスをすると気持ち悪さが残る時もある。..
2023/07/08女子プロトーク

2023年7月 縄田屋ももか 【第2回】GOLFTECでスイング進化中

ゴルフ好きな父親の影響で10歳の時に遊び感覚でゴルフを始め、小学6年生から試合に出場した。子供の頃の夢はパン屋さんになること。今の目標はプロゴルファーだが、いまだに美味しそうなパンやスイーツを見つけた..
2023/07/01女子プロトーク

2023年7月 縄田屋ももか 【第1回】スランプ脱出の兆し

2002年3月27日生まれの21歳で、東京都武蔵野市出身。工藤遥加、永井花奈、吉川桃、小倉ひまわり、植竹希望らを輩出した、東京・日出高を卒業。 現在、亜細亜大学法学部4年生で、プロテストの準備と必要単..
2023/06/24女子プロトーク

2023年6月 識西諭里【第4回】特技はお絵描きとモノマネ

特技はモノマネ。ローラさんが得意で、やれと言われれば、人前でも披露できる腕前だ。小さい頃から絵を描くのも得意で、漫画家になりたいと思っていたくらいだ。インスタグラムでもお絵描きアカウントがあり、飛行機..
2023/06/17女子プロトーク

2023年6月 識西諭里【第3回】大切なお友達

クラブは古いモデルを長く使うタイプで、海外の移動ではロストバゲージが多いので、スペアクラブを用意しなくては、と考えている。 パットに悩んでいたが、福岡市内にある「エンジョイゴルフ ゴルフスタジオ&パッ..
2023/06/10女子プロトーク

2023年6月 識西諭里【第2回】プロテストは8度目に

ゴルフは10歳の頃に兄と一緒に始めたが、運動音痴だったこともあり、ボールに当たらないし、全くうまくいかずに好きになれなかった。 両親のサポートがあり練習に励んだ結果、全国高校選手権で3位、福岡県アマチ..
2023/06/03女子プロトーク

2023年6月 識西諭里【第1回】衝撃の欧州ツアー初参戦

1997年4月16日生まれの26歳で、福岡市出身。試合がない時は実家に戻り、「ザ・クラシックゴルフ倶楽部(福岡県若宮市)」を拠点に練習に励んでいる。 国内女子ツアーのプロテストに合格していないため、試..
2023/05/27女子プロトーク

2023年5月 伊藤真利奈 【第4回】 新たなるチャレンジ

特技はテニスや水泳などのスポーツで、夏はよく海水浴に行く。忙しくてほとんど実現していないが、なるべく1週間に1度はクラブを持たないオフの日を作りたい。買わなくてもストレス発散ができるので、ウィンドーシ..
2023/05/20女子プロトーク

2023年5月 伊藤真利奈 【第3回】 運動神経に自信あり

得意なクラブはアイアンで、女子では珍しく3番からバッグに入れている。ドライバーの平均飛距離は250ヤードで、フェアウェイキープ率を上げてスコアメークをするために、方向性を重視している。 コーチのデビッ..
2023/05/13女子プロトーク

2023年5月 伊藤真利奈 【第2回】 デビッド・スメイルとの出会い

小学1年生からテニスを始め、北海道大会などで優勝する腕前だったが、12歳でシングルプレーヤーの父親から半ば強制的にクラブを握らされて嫌々ゴルフをするようになった。当初はうまくいかずに、試合で同学年の小..
2023/05/06女子プロトーク

2023年5月 伊藤真利奈 【第1回】 7度目のプロテストへ

1999年2月9日生まれの24歳で、北海道恵庭市出身。12歳から競技を始め、片岡尚之や藤田光里らを輩出した強豪の札幌光星高校を卒業した。 2021年5月の「北海道女子アマチュアゴルフ選手権」で優勝し、..


ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!