ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

メジャー初参戦から5戦連続の決勝進出 松山英樹、同伴競技者が好調の妙

ニューヨーク州オークヒルCCで開催中の今季メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」2日目。2オーバーの74位から出た松山英樹は、前半4バーディを奪う猛攻を見せ、一時は上位に浮上。しかし後半インで2ボギーを叩き、結局、通算イーブンパーの28位タイで予選を通過した。

猛チャージはスーパーショットを合図に始まった。前半3番(パー3)、松山はティショットをピンそば50センチにつけ、バーディが先行。すると5番で2つ目、さらにはウェッジでのチップインで6番(パー3)をバーディとする。折り返しの9番で5メートルを沈めて4つ目。順位を一時20位以内まで上げ、一気に上位進出の可能性を感じさせた。

しかし「良い感じで来ていたけれど、違和感が最後に出てしまった」とバックナインに入り、ショットが徐々に精度を欠いた。アドレスの修正に取り組み始めたのが今大会直前。「自分ができているのか、できていないのか不安が出てきてしまった」。得意のパッティングも助けてくれず、15番、18番では3メートルのパーパットを決めきれなかった。

それでもアマチュア時代の11年「マスターズ」以降、これでメジャー初参戦から5試合連続で予選を通過。日本勢では鈴木規夫、藤田寛之の4戦連続を更新し最長となった。「(米ツアーの)賞金シードのこともあるので、予選通過は良かった。ここで決めるのが一番いい形。トップとの差を少しでも縮めて、(最終日に)良い位置で回りたい」と、結果には自ら及第点。週末に向け、夕焼けがまぶしく照らす練習場で再び打ち込んだ。

ところでこの日、同組で回ったジェイソン・ダフナーがメジャー新記録にあと1打に迫る「63」ストロークをマークし、通算9アンダーの単独首位に立った。また、もう一人の同伴競技者スティーブ・ストリッカーも5アンダー7位タイにつけている。

前週の「WGCブリヂストンインビテーショナル」では初日から2日間を同組でプレーしたタイガー・ウッズが独走優勝。さらに7月の「全英オープン」では、やはり予選ラウンドをともにしたフィル・ミケルソンが勝った。6月「全米オープン」はビリー・ホーシェルが予選ラウンドを終えて首位タイ。どういうわけか松山は、予選同組で好プレーを目の当たりにし、ギャラリーの心を同組選手にさらわれる“完全アウェー”の状態をよく経験している。

松山は現在、ツアー外メンバーの将来有望なタレントとあって、トッププレーヤーと予選で同組に入る機会は多い。それでも超一流選手たちの、年に何度あるか分からない超一流のプレーを肌で感じることができるのは、まぎれもない財産だ。(ニューヨーク州ロチェスター/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

桂川洋一(かつらがわよういち) プロフィール

1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

関連リンク

2013年 全米プロゴルフ選手権

アダムスコット選手、スペシャルコンテンツ公開中!

アダムスコット選手、スペシャルコンテンツ公開中!
「ユニクロのウェアは、コースでも常に快適でした。」アダム・スコット選手が認めたウェアを、あなたに。 全英オープンゴルフでの着用予定アイテムや、ザ・メモリアルトーナメント、全米オープンでのスタイリングをご紹介。 汗をすばやく乾燥させるドライ機能商品から少し肌寒い時に重宝するニットやダウンベストまで、ユニクロのウェアがあなたのゴルフを快適にします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!