ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

トランジションズ選手権
期間:03/15~03/18  場所: イニスブルックリゾート(フロリダ州)

E.エルス マスターズへの道を切り開けるか

ラウンド中、時折優しい目を浮かべるE.エ ラウンド中、時折優しい目を浮かべるE.エルス

開幕まで1ヶ月を切った今季の海外メジャー初戦「マスターズ」。早くもオーガスタナショナルGCを訪れ、練習ラウンドを開始するトッププレーヤーがちらほら現れる中、アーニー・エルス(南アフリカ)が、“危機”に瀕している。

エルスは初出場した1994年から昨年まで18年連続でマスターズに出場。グリーンジャケットこそ逃しているが、2度の2位を含め6度のトップ10入りを果たしてきた。しかし、米ツアーでは昨年優勝が無く、FedEx Cupランキングでも118位とギリギリでプレーオフに進出。昨年末の世界ランクでの50位以内の確保を逃し、現在68位となっている。

先月末の「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」では、フィル・ミケルソンが家族との時間を過ごすために欠場したことで、出場のチャンスが巡ってきた。そして1回戦で第1シードのルーク・ドナルドを5アンド4の大差で撃破。しかし続く2回戦でピーター・ハンソン(スウェーデン)に破れ、世界ランキングポイントの大幅な増加はならなかった。

昨年のマスターズ王者チャール・シュワルツェルや、一昨年の全英覇者ルイ・ウーストハイゼンほか、欧州ツアーでジョージ・クッツェーブランデン・グレース、トーマス・エイケンといった南ア勢の若手が続々と台頭中。彼らの子供の頃のルーツを辿ると、エルスが母国に設立したアカデミーとの縁が切り離せない(ちなみに、イングランド出身の新鋭トム・ルイスも小さい頃からの憧れはエルスと、レティーフ・グーセンだったそうだ)。

シュワルツェルは2週前の「ザ・ホンダクラシック」でエルスと練習をともにした。そこにマスターズについての会話は無かったというが、前週のWGCなどに姿が無いことには違和感があるそう。「彼がどれだけ厳しく練習に励んでいるか、気づいている人はそうそういない。ちょっと自信が戻れば、やはりどれだけ素晴らしい選手か分かるはず」。

特別招待での出場の可能性も残されているが、今週以降もオーガスタへの道を探りトーナメントを戦う。15日(木)に開幕した「トランジションズ選手権」初日は「70」で49位タイと静かなスタート。“ビッグイージー”の土壇場からの猛チャージに期待が集まっている。(フロリダ州タンパ/桂川洋一)

桂川洋一(かつらがわよういち)
1980年生まれ。生まれは岐阜。育ちは兵庫、東京、千葉。2011年にスポーツ新聞社を経てGDO入社。ふくらはぎが太いのは自慢でもなんでもないコンプレックス。出張の毎日ながら旅行用の歯磨き粉を最後まで使った試しがない。ツイッター: @yktrgw

特集

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
世界一の称号を争う「全英オープン2018」7月19日いよいよ開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~