ニュース

米国男子トランジションズ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2012年 トランジションズ選手権
期間:03/15〜03/18 イニスブルックリゾート(フロリダ州)

P.ハリントンが首位!石川、今田は出遅れ

◇米国男子◇トランジションズ選手権 初日◇イニスブルック リゾート(フロリダ州)◇7,340ヤード(パー71)

大会初日にスタートダッシュを見せたのは、アイルランドのパドレイグ・ハリントンだった。1番、2番で連続バーディを奪うと中盤もコンスタントにバーディを積み重ね、16番から最終18番までは圧巻の3連続バーディフィニッシュ。10アンダーをマークして単独首位に立った。

3打差の7アンダー単独2位はウィル・クラックストン。さらに2打差の5アンダー3位タイにはジョン・センデン(オーストラリア)、ジェイソン・ダフナーや、2年前にこの大会を制したジム・フューリックやベテランのケニー・ペリーなど7人が並んでいる。

先週プエルトリコで単独2位に入り、今週も優勝争いの期待がかかる石川遼は、1バーディ、3ボギーの2オーバー109位タイ。地元タンパ在住で復調が待たれる今田竜二は3オーバー120位タイと出遅れてしまった。

<ハリントン、コースレコードで好発進>
風の穏やかな午前スタートのハリントンは出だしから飛ばした。1番でパー5を確実にバーディとしたのをきっかけに前半「31」と5アンダーをマークして折り返し。さらに後半も勢いを持続させ、“スネークピット(ヘビの巣)”といわれる難度の高い上がり3ホールで、すべてバーディを奪い「30」。17番では20メートルのバーディパットを沈めるなど、何をやってもうまくいく一日。18ホール中、14ホールが1パットのノーボギーラウンドに、対抗できる選手などいなかった。

コースレコード「61」は、ハリントン自身にとってアマ時代を通じてもベストスコア。2008年の「全米プロ」を最後に勝利から見放され、ここ最近はスイングチェンジのほか、専門のコーチをつけてメンタルトレーニングにも取り組んでいる。「今は我慢しなければいけない。自信を持って、待つことは最も難しいことのひとつなんだ」。同大会では初日トップに立った選手が勝ったのは2002年大会のチェ・キョンジュ(韓国)のみ。油断は禁物だが、その様子はなかった。

関連リンク

2012年 トランジションズ選手権




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~