ニュース

国内女子中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

海外勢への敗北、刺激、そして会得

「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」を制したのは、首位の座を3日間守り抜く完全勝利を果たした李知姫。後続に3打差をつける磐石の試合運びで、頭1つ抜け出た実力の高さを見せつけた。韓国人というくくりから見れば、アン・ソンジュ(ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ)、朴仁妃(フンドーキンレディース)に続く3週連続の勝利。これは、09年に申智愛、全美貞宋ボベが達成して以来3シーズンぶりのこととなる。

今季は11試合を消化し、韓国勢がほぼ半数の5勝。今週も同じ流れが続く中、その存在は日本人選手にも大きな刺激を与えているのも確かだ。特にこの日、最終組で直接対決を演じた服部真夕。そして、2日目の最終組をともにした森田理香子の若手2人は、間近で見た李のプレーについて賞賛を並べた。

服部は「最初にボギーが先行しても、チャンスにつけたのを必ず決めてくる。そのへんの差を、すごく感じましたね。最終日は伸ばさないと絶対にダメだし、そこは今後、頑張って修正しないと上は見えてこないと思います」。李のプレーを振り返りながら、追う立場でありながらもパープレーと伸び悩んだ自身のプレーを省みた。

また、最終日に「66」をマークしながらも、遠い背中に手が届かなかった森田。「全部が全部、良かったら知姫さんのところまで行けたと思う。“もっと練習しなさい”ということだと思います。精神的にも、もっと強くならなければいけない」と、静かに、そして真摯な表情で言葉を紡いだ。

韓国勢を含む海外勢の台頭に、日本女子ツアーを危惧する声も聞く。しかし、将来の女子ゴルフ界を担う若手たちに刺激を与え、向上心を高める良き存在になっていることもまた事実。海外勢の存在を糧とし、若手たちのレベルが、そしてツアーの魅力が向上する可能性も秘めているはず。現実となるか、否か。それは彼女ら、実力差を胸に刻んだ“敗者”たちが握っている。(愛知県豊田市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

塚田達也(つかだたつや) プロフィール

1977年生まれ。工事現場の監督から紆余曲折を経て現在に至る。35歳を過ぎてダイエットが欠かせなくなった変化を自覚しつつ、出張が重なると誘惑に負ける日々を繰り返している小さいおっさんです。

関連リンク

2012年 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。