ニュース

国内女子中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

李知姫が大会記録で今季2勝目!2位は森田理香子

◇国内女子◇中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン最終日◇中京GC石野コース(愛知県)◇6462ヤード(パー72)

11アンダーの単独首位から出た韓国の李知姫が「67」で回り、大会記録となる通算16アンダーまでスコアを伸ばして完全優勝を飾った。3日間トップの座を譲らず、3月の「Tポイントレディス」以来となる今季2勝目。2位の森田理香子に3打差をつける圧勝で日本女子ツアーで通算17勝目を挙げた。

<< 下に続く >>

単独3位には通算12アンダーの全美貞(韓国)。9アンダー4位タイに笠りつ子吉田弓美子が入った。昨年度のチャンピオン野村敏京が「64」をマークし、通算8アンダーとして佐伯三貴アン・ソンジュ(韓国)とともに6位タイ。有村智恵原江里菜はともに7アンダーの9位タイだった。

李知姫、貫禄の今季2勝目>
今季第3戦「Tポイントレディス」優勝時に、李が掲げた目標は“賞金女王”だった。その言葉は、充実のシーズインを迎えていた自信の裏づけでもあったのだろう。そう実感させられる、今週3日間だった。

ツアー屈指のショットメーカーは、バーディ合戦の舞台でさらに光り輝いた。初日から「アイアンショットが良かった」と、3日間で19個のバーディを量産。ボギーは僅か3つに抑え、大会レコードを3ストローク更新する通算16アンダーでの完全優勝。「まずは3勝目と、賞金女王を目指します」。改めて聞いた同じ言葉は、2ヶ月前とは違う響きに聞こえた。

2位に3打差をつけて迎えた最終日。「朝から緊張していた。ショットが出だしから良くなかった」と4番でボギーが先行し、7番まで1つ落とす展開。後続の追い上げにあい、一時は1打差にまで詰め寄られた。しかし、8番、9番(パー5)で3m前後を沈める連続バーディで、リードを3打差に戻してハーフターン。「いけるかな?」と、ショットの復調とともに心にゆとりが生まれた。サンデーバックナインに入り、勢いはさらに加速。12番(パー3)で1mを沈めてのバーディを皮切りに、15番までに4連続バーディを奪い悠々の独走態勢に。13番(パー5)の3打目は、残り84ヤードからあわやカップインというスーパーショット。もはや、後続がつけいるスキは無かった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!