ニュース

欧州男子ハッサンII ゴルフトロフィーの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ハッサンII ゴルフトロフィー
期間:03/13〜03/16 ゴルフ・ドゥ・パレロイヤル(モロッコ)

7年208日ぶりのタイトル! 優勝者トピックス/アレハンドロ・カニサレス

2014年3月16日 「ハッサンIIゴルフトロフィー」

・この大会はカニサレスにとってヨーロピアンツアー202戦目にして2勝目。

・今季の「レース・トゥ・ドバイ」の獲得賞金が383,988ユーロへ上昇。

・世界公式ゴルフランキングは大会前の141位から90位以内への上昇が確定。

・カニサレスにとって2006年の「ロシアオープン」以来のヨーロピアンツアー優勝となり、これは7年と208日振りのこと。

・2006年の「ロシアオープン」では、ヨーロピアンツアーの正規メンバーとしてツアーに参戦して僅か3戦目での優勝を果たし、それ以来、今回の勝利までヨーロピアンツアーには198大会に出場している。

・2006年の優勝以来、カニサレスのヨーロピアンツアーにおける最高成績は、2007年の「マドリードオープン」での2位、2010年の「イベルドローラオープン」での2位、同じく2010年の「フランスオープン」での2位タイ、そして2012年の「スペインオープン」での2位だった。

・この勝利により、2014年シーズンの自己最高成績(それまでは「コマーシャルバンクカタールマスターズ」での5位タイ)を更新。

・「ハッサンIIゴルフトロフィー」が2010年にヨーロピアンツアーに組み込まれて以来、カニサレスは同大会5度目の出場で初優勝。

・この勝利により、「ハッサンIIゴルフトロフィー」での最高成績(それまでは2013年の32位タイ)を更新。なお、カニサレスは2010年以来、毎年この大会で予選通過を果たしている。

・この大会がヨーロピアンツアーに組み込まれてからは、スペイン人選手として初のタイトル獲得となった。ただし、2010年以前の成績を含めると、この大会が1971年に初開催されて以来、サルバドール・バルブエナ(1976年)、イグナシオ・ガリード(1996年)、そしてサンティアゴ・ルナ(1998年、2002年、2003年)がこの大会を制しており、カニサレスは彼らに次いでこの大会を制した4人目のスペイン人選手となる。

・昨年のマルセル・シーム以来となる、この大会では2度目の初日から首位を譲らない完全優勝を達成

<その他の事項>

・カニサレスは4日間を通して単独首位に立ち続けての勝利を達成。これは(タイを含まない単独首位での完全勝利としては)ヨーロピアンツアーでは昨年の同大会でのマルセル・シーム以来の快挙。

・2014年シーズンのヨーロピアンツアーでは、初日から首位を維持しての完全優勝(タイを含む)は「WGCキャデラック選手権」でのパトリック・リードに次ぐ2度目となり、2週連続での出来事となった。

・先週のパトリック・リード(「WGCキャデラック選手権」を制覇)、そして今週のアレハンドロ・カニサレス(「ハッサンIIゴルフトロフィー」を制覇)と、2週続けての4日間首位に立ち続ける完全優勝となったわけだが、ヨーロピアンツアーでは、これはキラデク・アフィバーンラト(2013年「マレーシアオープン」を制覇)とマルセル・シーム(2013年「ハッサンIIゴルフトロフィー」を制覇)以来の2週連続完全優勝となった。

・カニサレスにとっては初の4日間首位に立ち続ける完全優勝となった。

・この大会での5打差の勝利は、2010年に同大会がヨーロピアンツアーの一部となって以来、最大打数差での優勝となる。これまでは2012年のマイケル・ホーイと2013年のマルセル・シームによる3打差での勝利が最大打数差だった。

・このカニサレスによる5打差の勝利は、ヨーロピアンツアーでは2013年の「DPワールド ツアー選手権 ドバイ」でヘンリック・ステンソンが6打差の勝利を飾って以来の最大打数差での勝利となった。

・カニサレスは首位で最終日を迎えた際の勝率100%を維持。2006年に「ロシアオープン」を制した際は54ホール終了時点で1打差の首位に立っており、今回のモロッコでは54ホール終了時点で6打差の首位に立っていた。2014年シーズンでは、この54ホール終了時点の6打差はこれまでの54ホール終了時点の最大打数差となっている。

・カニサレスが首位で最終日を迎えたヨーロピアンツアーの大会は2013年の「BMW PGA選手権」以来となり、その際は4位タイで大会を終えている。

・カニサレスによる今大会での初日の10アンダー「62」は、今季ヨーロピアンツアーにおける初日のベストスコア(ストローク数)、そして規定打数に対するベストスコア(アンダーパー)となる。これまでは「アルフレッド・ダンヒル選手権」の初日でチャール・シュワルツェルが出した「64」の8アンダーがベストスコアだった。

・2014年シーズンのヨーロピアンツアーで優勝を飾った4人目のスペイン人選手となった。今季はミゲル・アンヘル・ヒメネスが「香港オープン」を、パブロ・ララサバルが「アブダビHSBCゴルフ選手権」を?、そしてセルヒオ・ガルシアが「コマーシャルバンクカタールマスターズ」を制している。

・ヨーロピアンツアー史上171回目のスペイン人選手による勝利。

・カニサレスはこの勝利によりヨーロピアンツアーを複数回優勝した19人目のスペイン人選手となった。

・カニサレスはこの勝利により2016年シーズン終了までヨーロピアンツアーのシード権を確保。

・カニサレスはこの勝利により「ライダーカップ」欧州代表選考ポイントを737,332ポイントまで伸ばした。

・カニサレスはこの勝利により2015年の「ボルボゴルフチャンピオンズ」出場権を獲得。

・カニサレスはプロとして2勝目を達成。

関連リンク

2014年 ハッサンII ゴルフトロフィー




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~