ニュース

米国女子アサヒ緑健インターナショナル選手権 at Mount Vintageの最新ゴルフニュースをお届け

地元米国の1勝目、R.ジョーンズが逃げ切った!

米国女子ツアー第8戦「アサヒ緑健インターナショナル選手権 at Mount Vintage」が、サウスカロライナ州ノースオーガスタにあるマウントビンテージPGCで開催された。今週は女王アニカ・ソレンスタムが、日本で行われた「ニチレイカップワールドレディスゴルフトーナメント」に出場のため欠場しているので、各選手優勝を狙って気合いが入っていた。

優勝したのは初日から首位にたち、順調にスコアを伸ばしたロージー・ジョーンズだった。初日に66をマークしS.グスタフソンと並んだジョーンズだが、2日目も60台をマークし、決勝ラウンドはおとなしいラウンドになったが、一度も首位を明け渡すことなく15アンダーで逃げ切り優勝。2001年のサイベースビッグアップルクラシック以来の12勝目。今シーズンの優勝者では、米国出身第一号となる。

13アンダー単独2位は、ジョーンズをピッタリマークしていたウェンディ・ウォード。スタートの1番ホールでボギーを叩いたジョーンズだが、3番から4連続バーディを奪いジョーンズを捕えた。しかし、その後ボギーも4つ叩き終盤に追い込むことが出来なかった。

さらに2打差の3位には、ローラ・ディアスとフランスのP.M-レボーク、メキシコのロレーナ・オチョアの3人が集結。レボークは今シーズン好調で、3月の「クラフトナビスコ選手権」ですでに1勝を挙げ、オチョアは先週の2位に続き好調を維持している。

今週は日本の企業がスポンサーということで、3名の選手が招待出場した。その中で唯一決勝ラウンドに進んだのが片野志保だった。予選2日間で2アンダー18位だった片野は、3日目に大ブレーキで74位に後退。そして最終日も4ストローク落とし75位でフィニッシュした。

その他の日本勢は、小俣奈三香が5オーバー、東尾理子はこの日も80とスコアを崩し通算15オーバーで予選落ちになっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 アサヒ緑健インターナショナル選手権 at Mount Vintage




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。