ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

不動、横峯が3位に浮上!藍ちゃん予選通過ならず

広島県にある広島カンツリー倶楽部八本松コースで開催されている、国内女子ツアー第23戦「日本女子オープンゴルフ選手権」の2日目。ツアー屈指の難コースのため、この日アンダーパー以下でラウンドした選手は6人だけと、各選手スコアメイクに苦しんでいる。

そんな中スコアをまとめているのは、プロ6年目30歳の村田理恵だ。初日イーブンパーの5位タイにつけていた村田は、スコアを2つ伸ばして通算2アンダー。難コースを攻略し単独首位に踊り出た。

<< 下に続く >>

首位を1打差で追うのはベテランの城戸富貴。この日1つスコアを落としてしまったが、2位の座を死守した。そしてイーブンパーの3位タイに浮上してきたのは、女王不動裕理宮里藍のライバルである横峯さくらの2人。初日は無難なスタートだったが、不動は2ストローク、横峯は1ストローク伸ばして優勝圏内に近づいた。

一方、初日首位だった小俣奈三香は、4つスコアを落として1オーバーの5位に後退。また注目の宮里藍は、この日9つスコアを落とす大乱調のゴルフ。通算12オーバーの70位タイでまさかの予選落ちとなってしまった。

そのほか、ジュニアゴルファーの台頭が目立つアマチュア対決。「日本女子アマチュア選手権」で優勝した宮里美香が、スコアを6つ落とすも通算7オーバーの23位タイで予選通過。初日イーブンパーと好スタートを切っていた諸見里しのぶは、9つ落としてしまい40位タイに後退。同じく40位タイには、有村智恵がつけている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!