ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

不動、宮里出遅れ!台湾の魏ユンジェが3アンダー首位

国内女子ツアー第20戦、今シーズン公式戦の初戦でもある「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」が栃木県の太平洋クラブ&アソシエイツ益子コースで開幕した。

初日首位に立ったのは台湾の魏ユンジェだった。3バーディを奪った魏は、この日唯一ノーボギーでラウンドし3アンダーの単独首位。昨年「アピタ・サークルK・サンクスレディス」でツアー初優勝を果たしたが、その後は思ったような成績が残せていない。今週は久しぶりに魏の「雄叫び」がコースに響くか、残り3日間の戦いに注目したい。

首位の魏を1打差で追うのは、井上陽子と西川みさとの2人。ツアー通算4勝の井上だが、2001年からシード権を失い、今シーズンは「ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント」の1試合にしか出場していない。一方の西川は、今シーズン19試合に出場しているが、その内13試合で予選落ち。初日の好スタートを2人はどこまで維持できるのだろうか。

さらに1打差の1アンダー4位に米山みどり、イーブンパーには福嶋晃子など安定して好成績を残す実力者が控えている。福島は1997年大会以来の2勝目を狙う。

昨年この大会で初のメジャータイトルを手にした不動裕理は、初日2オーバーの15位と少し出遅れ気味。さらにプロデビュー年の今年、初めて女子プロゴルフ選手権に出場した宮里藍は、1バーディ、6ボギーの5オーバー53位と大きく出遅れてしまった。初日からアンダーパーが4人だけと選手権らしい展開になっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!