ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

藤田、34年ぶりの大会連覇へ一歩前進

2011/09/09 20:05


34年ぶりの大会連覇が現実味を帯びてきた。「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」2日目、28位タイからスタートした藤田幸希が4連続を含む7バーディ、2ボギーの「67」をマーク。首位に2打差の通算4アンダー、単独4位への急浮上を遂げ、ディフェンディングチャンピオンが首位争いに食い込んできた。

初日は寝違えによる首の痛みを訴えていたが、「トレーナーに1時間半ぐらいマッサージをしてもらったら良くなった」と状態は回復。「ショットもパットも安定していた」と躍動感を取り戻し、バーディラッシュへと繋げた。前半は圧巻だった。2番(パー5)、3番(パー3)と1.5mにつけてバーディを奪うと、5番(パー3)で3m、6番(パー5)で7m、7番で1m、8番では12mを捻じ込み、怒涛の4連続バーディ。「意識はしてなかった。あ、4連続だったんだ、って」。1ホール1ホールへの集中を極限まで高め、ゾーンに入っていった。

先週からウッドとアイアン、今週からパターも替えたという藤田。そのパターが、今週の大きな助けとなっている。この3~4週間はパットの不調が続き、今週からパターを変える予定だったという。「パターは直感で決めている」という藤田は練習日の火曜、テスト用に置かれていたパターの中で、ポツンと置かれている1本を見つけて手に取った。「コレは良さそうだな、と。そのまま練習ラウンドに持って行った」。重さのバランスやグリップの調整はしていないが、パターとの相性は抜群。「出会いは大事ですね」と、しみじみと口にした。

ディフェンディングの立場について、開幕前は「緊張すると思っていた」と振り返るが、蓋を開けてみれば首位争いを演じる活躍ぶり。「今は楽しくなっちゃって。こういう機会は滅多にないし、ワクワクしながらプレーしています。スコアは気にしていないし、連覇もそれほど考えていません。それがこのスコアに繋がっていると思います」と心境を話す。大会連覇のプレッシャーを感じず、その立場を楽しめていることが、今の藤田を支える強みの1つとなっている。(千葉県市原市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。