ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

三塚は一歩後退、ショットの乱れに憮然

2011/09/10 18:28


絶好調のショットで難コースを攻略し、「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」2日目まで首位を走っていた三塚優子だが、3日目に入り3バーディ、6ボギーと失速。通算3アンダーの2位タイに後退し、3打差を追う立場となって明日の最終日を迎える。

昨日までとは一転、「ドライバーが酷すぎる。0点」と対称的なプレーに終始した。ラフから出して、(グリーンに)乗せて、出して、乗せての苦しいゴルフだった」と憮然とした表情。2日目は38パットを叩きながらも好調なショットでカバーしたが、この日は「ショットもパットも酷い。ありえない」と悪戦苦闘が続いた。

「ゴルフってこういうものだと思っているし、4日間いいショットが続くはずがないと割り切ってやっていたけど、これが精いっぱいだった」。その中にあり、上位が全体的に伸び悩んだことは大きな救い。「自分がどれだけ精いっぱい力を発揮できるか。集中してやっていきたい」。前を見据え、逆転勝利に向けて気持ちの切り替えに努めていた。(千葉県市原市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには井上りこ選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!