ニュース

国内男子中日クラウンズの最新ゴルフニュースをお届け

田中秀道が今季2勝目を飾った

8アンダーと2位以下に5打差をつけてのダントツ優勝で今季2勝目をあげた田中秀道。初日からすべて60台(69・69・67・67)でまわり、最終日は他の追ってを寄せつけないゲームを展開した。4日間トータルで4ボギーとし「つるやオープンではプレーオフで負けてへこんでいた」が、大きな自信へつながったはずだ。

13番ホールで大きくリードしていることを知った。「その時この大会での優勝を意識しました。でも3日間の辛抱したゴルフが4日目も続けられてよかった」 このコースは我慢のゴルフが攻めることになるのだと皆が言ってたが、意味を間違えず我慢に徹した田中が勝利をつかんだ。

「中日クラウンズ優勝という重いものを背負ったけど、次の日本プロからは気持ちを引き締めていきたい。そして日本ツアーを大いに盛り上げたいと思います」

3アンダー2位の日下部光隆は「1100万円もらえる内容のゴルフじゃなかった。秀道君をいじめるつもりだったのに、彼は前半からいいゴルフをしてましたしね」 自分の方はというと、来ないはずだった奥さんが見に来ていた。「恥ずかしいゴルフだけはしたくなかったのに・・・」 2位としたものの、どうやら反省部分も大きいらしい。

「2打差で逆転優勝は可能だと思っていたが、出だしの2ホールでバーディが取れず、おまけに5番からの連続バーディでこれからだと思った矢先にボギーを叩いてしまった。これが痛かった。反対に突き離されてしまったね」とはL.ウェストウッド

1オーバー11位タイとしたD.クラークは「ここのグリーンは難しく、4日間を通じて簡単にスコアを伸ばせなかった」 今後はヨーロッパに戻ってベッソン&ヘッジスインターナショナルから出場する予定。「基本的にはヨーロッパを中心に頑張ります。そして秋には日本に戻ってきたい」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 中日クラウンズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。