ニュース

国内男子マンシングウェアオープンKSBカップの最新ゴルフニュースをお届け

勝負どころの強さが光る、久保谷健一が2週連続でプレーオフを制した

国内男子ツアー「マンシングウェアオープンKSBカップ」最終日は前日までの風が変わり、試合展開も一変した。11アンダーの単独首位でスタートしたD.ウィルソンが崩れると、2位の久保谷も5番ホールでトリプルボギー。優勝争いは思わぬ大混戦になってしまった。

上位陣が伸び悩む中、5アンダー7位からスタートしたT.ハミルトン福沢義光金鍾徳 らがスコアを伸ばしてきた。そしてハミルトンと福沢が11アンダーで上がり、最終組を待った。

5番でつまずいた久保谷はその後スコアを戻し、最終18番パー5でセカンドショットをピン手前3メートルにナイスオン。慎重にイーグルパットを決めプレーオフに食い込んだ。

プレーオフは2ホール目でバーディを奪えなかった福沢が脱落し4ホール目に入った。ティショットは互いにバンカーに入れたが、久保谷は2打目でグリーン手前に運び、ハミルトンのボールはアゴに近く出すだけだった。5打でグリーンに乗せたハミルトンに対し、久保谷は4打でカップイン、2週連続優勝を決めた。

「もう本当にプレーオフだけで1年分の体力を使い果たしてますね。もう来週が怖いです。今日プレーオフ中もお腹痛くなって、緊張なのか、疲れているのか、もうどっちでもいいから早く決めてっていう感じでした」

先週優勝している余裕なのか、対するハミルトンは98年ぶりツアー8勝目を狙ったが、決めるべきところで決められずあせりが生じたようだ。

2週連続優勝を決めた久保谷は、賞金ランキング首位、そして、7月に行われる全英オープンの出場資格も確実になった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 マンシングウェアオープンKSBカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。