ニュース

国内男子サン・クロレラクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

悪天候のせい!?6人がトップタイに並ぶ大混戦

国内男子ツアー第15戦「サン・クロレラクラシック」2日目。日本列島に台風が接近しているため、北海道も朝から最悪の天気。その影響で午前中は一時中断するなど、試合進行が大幅に遅れてしまった。

悪いコンディションの中、じわりじわりと浮上してきたのが先週優勝した手嶋多一だった。初日最終ホールでイーグルを奪った勢いが残っていたのか、この日6バーディ、3ボギーとスコアを3つ伸ばしトップタイに躍り出た。

また全英オープンで一躍脚光を浴びたS.K.ホは、初日2つのダブルボギーを叩くなど、いまいち波に乗れなかったが、2日目は5バーディ2ボギーと確実にバーディを積み重ね、通算4アンダーと追いついた。

そして初日4アンダー首位に立った若手の武藤俊憲。この日ボギーが先行する我慢のゴルフが続いたが、結局3バーディ、3ボギーのイーブンパーでまとめ、トップタイに踏みとどまった。

さらに丸山大輔室田淳広田悟が4アンダーで6名が並ぶ大混戦となってきた。注目したい選手は、首位と1打差の7位に入っている谷原秀人。今季1勝を挙げ、全英オープンから帰国後も好調を続けている。また2打差の11位タイには、今日5ストローク伸ばした矢野東など若い世代が奮起している。

そのほか大会のホストプレーヤーである青木功は通算2オーバー、48位タイで予選通過。日本ツアーでは2001年ダンロップフェニックス以来の予選通過となった。決勝ラウンドでも青木の華麗なるプレーを披露してもらいたい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 サン・クロレラクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!