ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

谷口が終盤崩れるが辛うじて首位をキープ!

石川県の片山津ゴルフ倶楽部・白山コースで開催されている、国内男子ツアー第22戦「日本オープンゴルフ選手権競技」の3日目。初日のサスペンデッド以降進行の遅れが出ていたが、第3ラウンドはアウト・インに分かれてのスタートになった。

8アンダーの単独首位でスタートした谷口徹は、我慢のゴルフでパーセーブを続け、7番パー3でバーディを奪い9アンダーまで伸ばした。この時点で2位以下に4打差つけたが、後半は苦しいラウンドになってしまった。上空を横切る飛行機、時おり吹く突風、そして日本オープン用に設定されたタフなコース。我慢を続けていた谷口も後半だけで5つのボギーを叩き通算5アンダーでホールアウトした。

<< 下に続く >>

この日スコアを伸ばしたのは2人だけ。その一人がニュージーランドのデビッド・スメイルだった。イーブンパーでスタートしたスメイルは、5バーディ、2ボギーで3ストローク伸ばし谷口に2打差の3アンダー単独2位に浮上した。2002年にこの日本オープンを制したスメイルが2度目に栄冠を狙う。

さらに1打差の3位には、1995年の覇者 伊沢利光と増田伸洋の2人が並んでいる。3週連続トップ10フィニッシュを続けている伊沢が、9年ぶりに日本の頂点に立つことになるのだろうか。

アンダーパーは4人になってしまったが、イーブンパーの単独5位にはディフェンディングチャンピオンの深堀圭一郎も粘っている。過去68回の歴史の中で連覇を達成したのは6人しかいない。首位の谷口とは6打差だが、深堀の爆発力を考えれば、まだ諦める位置ではない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!