ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹は44位 プロツアー次戦は?

千葉県の鷹之台カンツリー倶楽部で行われた国内男子メジャー第3戦「日本オープン」最終日。松山英樹は通算13オーバーの44位タイに終わり、2年連続でのローアマチュア賞獲得はならなかった。

第一の目標に掲げていた予選通過を果たした松山だったが、初日から3日間はいずれもオーバーパー。しかしこの最終ラウンドは前半、持ち味を発揮した。出だしの1番で花道から“寄せワン”、2番は得意のパターで4メートルを沈めてパーを重ねるとエンジンがかかった。

4番(パー5)で2オンに成功し最初のバーディを決めると、続く5番で左手前から7メートルを沈めた。そして6番(パー5)でグリーン左奥からの第3打のアプローチをピンに絡めて3連続バーディを奪取。「(今大会)初めての連続バーディだったので、気分が良かった」と笑顔を見せた。

しかしその後、8番で3パットボギー。後半は「パッティングが決まらなくて叩いてしまった」と1バーディ、3ボギーと後退。最終18番も惜しくもバーディを逃し、結局「71」でアンダーパーをマークすることはできず。それでも「最低限のスコアで回れたのは良かったと思います。ローアマは(3連続バーディの後)『あと3つ伸ばせたら、もしかして…』とも思ったけれど、8番でボギーを叩いてしまったので」と話した。

4日間を振り返り「スコアの割にはすごく収穫があった」という。今後を見据えてパター、ウェッジを大会期間中に替えたりもした。そして「ティショットの精度は思っていたより良かった。これだけ狭ければ、プロの選手もなかなかフェアウェイにはいかないもの」と充実感をにじませる。

次に出場するプロツアーのトーナメントは11月の「三井住友VISA太平洋マスターズ」が濃厚。同大会にはチャール・シュワルツェル(南アフリカ)の参戦が決まっており、今年のマスターズチャンピオンとローアマチュアの同時出場は大きな話題となりそうだ。(千葉県千葉市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。