ニュース

国内男子(2004)アジア・ジャパン沖縄オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

注意報が出るほどの強風の中、各選手大苦戦

沖縄県のザ・サザンリンクス・ゴルフクラブで行われている、2004年度国内男子ツアー初戦「アジア・ジャパン沖縄オープンゴルフトーナメント」の2日目。冬型の気圧配置によって天候は大荒れ。最大瞬間風速22.0メートルの強風が吹き荒れた。このため、プレー進行が大幅に遅れてしまい7組がホールアウトできず、残りの競技は20日7時30分再開、第3ラウンドは同日9時30分よりスタートを予定している。

各選手強風のためスコアを崩す選手が続出。アンダーパーで2日目を終えたのは4人だけと、我慢のゴルフを強いられた。大会初日、単独トップに立っていたジャンボ尾崎も例外ではなかった。この日7オーバーの通算2アンダーとし、10位タイに後退した。

代わってトップに踊り出たのは、地元沖縄県出身の国吉博一と日本プロ選手権を制している合田洋だ。国吉は随所にバーディを奪い、14番までを消化して1オーバー、通算5アンダー。合田は3番でイーグルを奪うなど出だしの貯金を活かし、この日を2オーバーで切り抜けた。

1打差で追う3位タイには安定感抜群の米山剛。2打差の6位グループには若手の高山忠洋。3打差の10位グループには、昨年のリベンジに燃える宮里優作、欧州ツアー帰りの佐藤信人。さらに、今年初優勝を遂げた谷原秀人星野英正など実力のある選手達が虎視眈々と上位を窺っている。また20人の選手が、3打差以内にひしめき合う大混戦となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 (2004)アジア・ジャパン沖縄オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!