ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 全米オープン
期間:06/14〜06/17 オリンピッククラブ(カリフォルニア州)

藤田、谷口、高山は揃って苦戦

石川遼藤田寛之谷口徹高山忠洋の日本勢4人が出場する中で幕を明けた2012年の「全米オープン」。その初日、石川が1アンダー15位タイと好スタートを切った一方、藤田は5オーバーの74位タイ、高山は7オーバーの109位タイ、谷口は8オーバーの125位タイと苦しい滑り出しとなった。

藤田はタフなスタートホールの1番パー4(520ヤード)で、2打目がグリーン右の傾斜を転がり落ちるいきなりのピンチを迎える。パターで2mに寄せ、これを捻じ込みパーで切り抜けたが、続く2番ではティショットを右ラフに打ち込むと、レイアップ後の3打目でもグリーンを捕らえきれず、4オン2パットのダブルボギー。「スタートが痛かった」と序盤の乱れを悔やんだ。

この日はティショットが右に出ることが多く、ドライバーでフェアウェイを捕らえたのは僅か1度のみ。「完全に全米オープンにやられています。コースから来る難度の高さに、精神的に追い込まれているのかな」。それでも、その中で5オーバーという成績には「相当粘ったし、今の状態ではベストだと思う」と一定の評価を下していた。

高山は4連続を含む9つのボギーを叩き、「半分がボギーだからね・・・。本当に難しい」と疲労気味の表情。硬く小さいグリーンに攻めのプレーは禁物と分かっていながらも、「逃げ場所が無いから、いかなければいけない状況にさせられている感じ。それに、はまってしまった」と、慎重さを欠くプレーに終始。「頭をうまく使えていないし、臨機応変にできていない」と、最後まで反省の言葉が続いた。

谷口はフェアウェイとグリーンの硬さに苦戦し、「昨日とはまったく違うコースだった」と第一声。スタートホールの1番ではグリーン左セミラフからのアプローチが大きくオーバーしてのボギー。その後も「良いショットを打っても、(グリーンに)弾かれて奥にこぼれてしまう。グリーンを捕らえるのがやっとだった」と、最後までコースの状態を掌握することなく18ホールを終えた。(カリフォルニア州サンフランシスコ/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。