2019/11/24大王製紙エリエールレディス

13人が初の賞金シード入り 過去最年少の平均26.3歳

可能性を次週のシーズン最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」につないだ渋野、今季初優勝を手にした河本と浅井、吉本、高橋の5人が入った。平均年齢26.3歳は、記録が残る2001年以降では
2019/12/04優勝セッティング

最終戦Vペ・ソンウの優勝ギア UT&アイアンをチェンジ

大会名:LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 日時:2019年11月28日(金)~12月1日(日) 開催コース:宮崎CC(宮崎) 優勝者:ペ・ソンウ ペ・ソンウ(韓国)が賞金女王を争った渋野
2019/11/18大王製紙エリエールレディス

ツアー3勝の一ノ瀬優希 今季限りで撤退

ツアーチャンピオンシップリコーカップ」への出場権はなく、今週の「大王製紙エリエールレディス」がラストゲームになる可能性が高い。 一ノ瀬は2007年のプロテストに合格し、同年の新人戦で優勝。13年「T
2019/11/16伊藤園レディス

不適切発言の笠りつ子 「エリエールレディス」欠場へ

6時20分にマネジメント会社を通じ、「一身上の都合」のため欠場するとの申し出があったという。 笠は現時点で賞金ランキング29位につけており、2週後の今季最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の出場権を有している。
2019/11/24大王製紙エリエールレディス

渋野日向子が涙の大逆転V 賞金女王決着は最終戦へ

ツアー史上初の4連勝を決めればタイトルの望みが絶たれる状況で、自らの手でストップをかけた。ルーキーイヤーながら4勝目を積み上げ、優勝賞金1800万円を加算。鈴木、申ジエ(韓国)との三つどもえの争いは最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」で決着する。
2019/10/23マスターズGCレディース

最高額大会へ 渋野日向子はドライバーに不安

ツアー「スウィンギングスカートLPGA台湾選手権」に推薦出場するため、国内ツアー出場予定は今大会含めて残り5戦になる。最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」(11月28日開幕/宮崎
2019/10/27マスターズGCレディース

イ・ボミ 惜敗2位も完全復活へ「自分が楽しめた」

頑張りたい」と力を込めた。 賞金ランキングは25位に浮上した。優勝者や同ランク30位までが出場できる最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」への2年ぶりの出場権も見えてきた。母国ツアー
2019/06/16宮里藍サントリーレディス

鈴木愛が逃げ切り優勝 今季2勝目

、ユウカ・サソウ(笹生優花)が「63」で回り通算8アンダーの7位タイに入った。17年11月の「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」以来のトップ10を目指し最終ラウンドを9位タイから出たイ・ボミ(韓国)は「74」と落とし通算2アンダーの22位タイだった。
2019/05/10ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

吉田優利も憧れるテレサ・ルー グランドスラムをかけ決勝ラウンドへ

ドライバーショットが冴えた。 4つのメジャーのうち「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」、「日本女子オープン」、「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の3つのタイトルを手にしている。今大会を制すれ
2018/11/13大王製紙エリエールレディス

賞金シード争いが決着! 2人に絞られた女王争いの行方は

、こちらの争いも過熱しそうだ。賞金総額1億円、優勝賞金1800万円の4日間大会で逆転シード入りを目指す。 また、今大会終了後の今季優勝者と賞金ランク25位までの選手に、次週の最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の出場権が与えられる。
2018/10/11富士通レディース

原英莉花 “ジャンボ”パターに変更し不安払拭へ

当落線上にいる。今季は残り7試合(「TOTOジャパンクラシック」と「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」は出場資格が限られる)になるが、「(賞金ランクは)意識している。プレッシャーがあった方が良い」ときっぱり。師匠譲りの勝負強さで上位進出をにらんだ。(千葉市緑区/石井操)