ニュース

国内女子マスターズGCレディースの最新ゴルフニュースをお届け

有村は18位タイに後退 国内ラスト2戦の欠場を表明

兵庫県にあるマスターズゴルフ倶楽部で開催された、国内女子ツアー「マスターズGCレディース」の最終日。通算3アンダーの11位タイからスタートした有村智恵は、3バーディ、1ダブルボギーの「71」と1つ伸ばすに留まり、通算4アンダーの18位タイに後退して3日間を終えた。

今週を通して「ボールの所に立った時のイメージ作りで、頭が働かないことがあった」と有村。「調子が悪いときに多い」という症状は、特にこの日はアプローチとパットのショートゲームで表れ、「練習で補えるものなのか、一回体を休めないといけないのか。トレーナーと相談したい」と表情を曇らせた。「理由にはしたくない」とは言いながらも、先週は米国で行われた米ツアーのセカンドQTに出場しているハードスケジュールも一因なのだろう。

11月28日からは、同じ米国でいよいよファイナルQTを迎える。有村は、前週開催の国内ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」に続き、その前週の「大王製紙エリエールレディース」の欠場も明らかにした。「難しい判断でしたが、自分も米ツアーに行くと決めた以上、ベストな状態で臨みたい」と苦渋の決断を振り返る。セカンドQTの時は「富士通レディース」のみを欠場したが、「4日間の休みをとったけど、いろいろと準備もあったし、練習ラウンドを2回しかできなかった」と準備不足を痛感。「(現地で)練習も多めにしたいし、時差ボケも残らないようにしたい」と前回の反省を活かしたい構えだ。「何年後かに、良い選択だったと思えるように頑張りたい」と迷いを捨て、国内ツアー残り3戦、そして米ツアー挑戦への最後の関門へ向けて全力を尽くす。(兵庫県三木市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 マスターズGCレディース




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。