ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

グレッグ・ノーマン監修で「日本オープン」はテイストの違う2コースを使用

◇国内男子◇日本オープンゴルフ選手権競技 事前情報◇琵琶湖CC(滋賀県)◇6986yd(パー71

28年ぶりとなる「日本オープン」開催を翌週に控えた琵琶湖CC(滋賀県)で5日、大会直前のコース説明会が行われた。

<< 下に続く >>

同クラブには栗東、三上、琵琶湖という9ホールずつの3コースがあるが、これまで開催されてきた日本オープン(1993年)、日本シニアオープン(2009年)、日本女子オープン(2014年)では、栗東/三上の2コースが使われてきた。今回は昨年10月にグレッグ・ノーマンにより改修が行われた琵琶湖コースを初めて使い、三上と合わせた18ホールが戦いの舞台となる。

会見にビデオメッセージを寄せたノーマンは、改修ポイントに「復元と進化」を挙げ、「あらゆるレベルのゴルファーが楽しめる現代的トーナメントコース」を目指したという。日本ゴルフ協会(JGA)の山中博史専務理事は「アメリカンタイプの琵琶湖コースと、トラディショナルな三上コース」とテイストの違う2コースを形容した。

リモートで記者会見に参加した1993年大会覇者の奥田靖己は、「まずは刻んででもフェアウェイキープ。それとパッティング」と自身の経験をもとに攻略ポイントを挙げたが、今大会のフェアウェイ幅は通常営業よりも広げた25~30ydに設定され、6番パ-4は日によって349ydと317ydのティを使い分けて1オン狙いをさせるなど、より積極的なゴルフも見られそうだ。

ラフは80mmから100mm、グリーンの速さは12フィート前後で、コンパクションは24(山中式)というのが予定されているセッティング。山中専務理事は「グリーンが硬く仕上がるかどうかで大きくスコアは変わってくる」としながらも、優勝スコアは「8アンダーから12アンダーくらいが目安になる」と説明した。(滋賀県栗東市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!