2017/05/31佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑240・番外編>「最終回」佐渡充高

会い、インタビューさせてもらい、その後の人生における貴重な財産となった。 選手たちは公私で度々NYCを訪れる。グレッグノーマンらスター選手はデパートのレッスン会やサイン会に招かれるし、ジャスティン
2016/02/01旅する写心

「貌(FACE)」4.グレッグ・ノーマン

とにかく格好よかった。 惚れ惚れし 近づいて撮ってみたくなる。 しかし恐ろしいまでの形相で こちらを睨みつける。 それがまた格好いい。 どこまでも、どこまでも。...
2017/03/21ヨーロピアンツアー公式

「WGCデルテクノロジーズ マッチプレー」大会アラカルト

大会を制覇した ・ デイが大会を連覇すると、グレッグノーマンに次いで、ヨーロピアンツアーでタイトル防衛に成功した2人目の豪州人選手となる(ノーマンは1981年と82年に「ダンロップマスターズ」を連覇
2017/02/01佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑225>パット・ペレス(前編)

、選手の好きな音楽を音量MAXで流しながら指導し、ジャスティン・ローズもそれがとても気に入っているという。 グレッグノーマンも「一般のコースでも、曜日限定など条件つきで音楽をかけながらのプレーを容認
2016/01/20佐渡充高のPGA選手名鑑

<番外編・選手名鑑182>米国大統領とゴルフ(前編)

で転倒骨折 歴代大統領の多くはゴルフが大好きで選手たちと交流がある。さまざまなエピソードの中で大ニュースになったのはクリントン氏が現職だった97年3月の出来事だ。 クリントン氏は、フロリダ州のグレッグ
2016/12/28SBSトーナメントofチャンピオンズ

世界1位デイの復帰は?母国の大先輩は「試合数制限」の勧め

ゴルフワールドカップ」を欠場するなど、試合に約4カ月間出場していない。 日本を含め世界中のツアーで計90勝以上を誇る母国の英雄、グレッグノーマンは地元メディア「オムニスポーツ」で「デイがどう復帰して
2017/07/25ヨーロピアンツアー公式

「ポルシェヨーロピアンオープン」の大会アラカルト

、ニック・ファルド(2勝)、レティーフ・グーセン、トム・カイト、ベルンハルト・ランガー、サンディ・ライル、グレッグノーマン、そしてイアン・ウーズナムといった世界最高の選手たちがこの大会のトロフィーを掲げて
2016/12/06ヨーロピアンツアー公式

UBS香港オープンの知っておくべきアラカルト

一つであり、過去の優勝者には、ベルンハルト・ランガー、ホセ・マリア・オラサバル、ケル・ネーグル、グレッグノーマン、ピーター・トンプソン、トム・ワトソン、パドレイグ・ハリントン、コリン・モンゴメリー
2017/07/23記録

<記録>海外メジャー最少ストローク

63 マスターズ ニック・プライス 1986年/オーガスタナショナル/3R グレッグノーマン 1996年/オーガスタナショナル/1R 全米オープン ジョニー・ミラー 1973年/オークモント
2017/03/01ヨーロピアンツアー公式

知っ得!「WGCメキシコ選手権」の大会アラカルト

敗れて2位となった1月の「BMW南アフリカオープン」以降、肋骨の疲労骨折により競技から遠ざかっていた。 16人のメジャー王者が出場するが、グレッグノーマン以来(1981、82年「ダンロップマスターズ
2017/07/24ヨーロピアンツアー公式

数字で振り返るジョーダン・スピースの「全英」制覇

グレッグノーマン(1983)、ニック・プライス(1994)、タイガー・ウッズ(2000)、そしてヘンリック・ステンソン(2016)に続き、全4ラウンドを「60」台で回って「全英オープン」を制した5人
2017/07/19全英オープン

マグレが少ないバークデール 松山英樹を推す識者たち

の2008年大会は、強風が吹き荒れる中で53歳のグレッグノーマン(オーストラリア)が健闘を見せたが、最後はパトレイグ・ハリントン(アイルランド)が逆転で大会2連覇を成し遂げた。 過去9度の開催のうち
2017/06/15旅人ゴルファー川村昌弘

「いま僕はココにいます」Vol.12 ベトナム編

面したビーチリゾートとして今、注目されているんです。ベトナム航空で成田からの直行便も飛んでいますよ。 ダナンには素晴らしいゴルフ場もありました。ダナンゴルフクラブはグレッグノーマン設計のシーサイド
2016/11/16ヨーロピアンツアー公式

DPワールドツアー選手権の知っておくべきアラカルト

ツアー選手権」の開催コースとなっている。 グレッグノーマン設計の全長7675ヤードのコースは、欧州や北米を代表するパークランド型コースにインスパイアされた造りになっている。 パー72のアースコースは
2016/10/11ヨーロピアンツアー公式

英国マスターズの大会アラカルト

1968年)、トニー・ジャクリン(1967年と1973年)、ボブ・チャールズ(1972年)、ベルンハルト・ランガー(1980年)、グレッグノーマン(1981年と1982年)、イアン・ウーズナム
2017/02/08ヨーロピアンツアー公式

「メイバンク選手権」大会アラカルト

、ヨーロピアンツアーの公式大会を連覇した2人目のオーストラリア人選手となる。これまではグレッグノーマンのみがこれを達成しており(1981?82年の「ダンロップマスターズ」)、デビッド・グレアムも1981