2013/05/16ヨーロピアンツアー公式

ボルボワールドマッチプレー選手権の歴史を探る

、2001年にパドレイグ・ハリントン(アイルランド)をウェントワースクラブの素晴らしい西コースで2&1のスコアで破ったときだ。 グレッグノーマン(オーストラリア) 伝説的な「ホワイト・シャーク」は1980
2013/04/01ハッサンII ゴルフトロフィー

M.シーム優勝インタビュー/ハッサンIIトロフィー最終日

、あの日よりはこの3日間の方が楽にプレーできました。そのことが大きなチャンスに繋がったんだと思います。 マスターズの印象深いシーンと言えば、子供の頃にテレビで見たランガーの優勝シーンです。グレッグ
2014/01/08佐渡充高のPGA選手名鑑

<佐渡充高の選手名鑑 102>ティム・クラーク

■「Little bulldog(リトル ブルドッグ)」 かつてグレッグノーマンは、ティム・クラーク(38)のことを「Little Bulldog(リトル ブルドッグ)」と形容した。2009年の
2013/04/11PGAコラム

ウッズは“2つの干ばつ”を終わらせることができるのか?

グレッグノーマンなど、オーストラリア選手もこれまでに優勝のチャンスはあった。2年前も最終日の優勝争いにオーストラリア選手の姿はあった。しかし毎年のように彼らは優勝まであと一歩届いていない。アダム・スコット
2013/04/07PGAコラム

バレロテキサスオープン3日目

マーク。ここグレッグノーマンが設計したオークスコースでも安定感を保っている。 大会3日目はコース中で風が吹き荒れ、調子を維持するのは大変だったかもしれないが、ホーシェルはなおもPGAツアー初勝利を視野に
2013/05/20GDOEYE

石川遼にコーチは必要か?

、もちろんプロのコーチではないし、普段のトーナメントに終始帯同している訳でも無い。そんな彼に、コーチは必要なのだろうか? これまで、ジャック・ニクラス、フィル・ミケルソン、グレッグノーマン、ローリー
2013/05/26ヨーロピアンツアー公式

A.カニサレスが僅差で首位に

に、「トップ3には入るだろうね。2009年のドバイはあの年に賞金ランキングでもトップになったから最も大きな優勝だったと言える。また1997年にオーストラリアでグレッグノーマンをプレーオフで破って優勝
2013/04/14ヨーロピアンツアー公式

2着目のグリーンジャケットに照準を絞ったカブレラ

それぞれつけており、オーストラリア人の初優勝に向けて大きく前進している。17年前には、6打差の首位で最終ラウンドを迎えたグレッグノーマンがニック・ファルドに逆転優勝を許している。 「マスターズを優勝する
2013/05/18ボルボワールドマッチプレー選手権

ジェイディ、マクドウェルらが2勝目 ポールターは敗退

■アッサール・ガブリエルソン T.ジェイディ、T.アイケン ■グスタフ・ラーソン R.スターン、B.バン・ペルト ■イアン・ウーズナム B.グレース、N.コルサーツ ■グレッグノーマン F.モリナリ、P.アグラー ■アーノルド・パーマー S.ローリー、P.ハンソン
2013/04/01ヨーロピアンツアー公式

シーム、モロッコで完全優勝 ランガーに感謝

・ランガーが優勝したのを覚えているんだよ。グレッグノーマンの大ファンでもあったし、そこで彼がアンラッキーな目にあったことも覚えている」。 「ただ驚嘆するのみだね。全てのショットで完璧が求められる究極の
2013/05/15ヨーロピアンツアー公式

ボルボワールドマッチプレー選手権の組み合わせ決まる

スウェーデン出身のヘンリック・ステンソンは、グレッグノーマン組でフランチェスコ・モリナリ、フェリペ・アギラールと競い合う。 ニック・ファルド、セベ・バレステロスに続き、ヨーロピアンツアー史上3人目となる3大会
2013/04/03バレロテキサスオープン

M.シームはオーガスタへの“2連勝”なるか

憧れは、母国の先輩ベルンハルト・ランガ―、そしてグレッグノーマン(オーストラリア)だった。今週の舞台、TPCサンアントニオは、そのノーマンとセルヒオ・ガルシア(スペイン)の監修コース。欧米ツアーを
2013/03/12ヨーロピアンツアー公式

ライダーカップのスターたちがアバンザマスターズに参戦

、スウェーデン生まれインド育ちの彼は、「故郷」でプロ3勝目を狙っている。1994年に行われたインディアンマスターズやインドでの米国ツアーで勝ったこともある。 今年はグレッグノーマンがデザインしたジェイ
2013/03/13ヨーロピアンツアー公式

インドで欧州のスター軍団がアジアの精鋭たちと対戦

最も身長が低い選手である。しかし2人とも、それまで大会が開催されていたDLFゴルフ&カントリークラブで素晴らしいパフォーマンスを発揮し、優勝している。 賞金総額が180万ユーロである今大会は、グレッグ