2019/10/01日本女子オープン

3度目の女子オープン 渋野日向子「ここで勝つのは名誉」

なった今大会は「重要になる」と位置付ける。 「ここで勝つのは、名誉なこと。女子で一番強い人が選ばれるというイメージ」。本格参戦1シーズン目に限れば、宮里藍やさくらを上回る21試合連続で予選通過中だ
2019/09/30インディ女子インテック選手権

ハー・ミジョンがツアー4勝目 横峯さくらは今季最高4位

回って通算21アンダーとし、後続に4打差をつける快勝で今季2勝目、ツアー通算4勝目を挙げた。 決勝ラウンドを2位で迎えたさくらは、3日目に7位に後退したものの、最終日は4アンダー「68」と再び…
2019/09/29ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン

大西葵が好調で急浮上 第2回リランキングが終了

するさくらは6月以降に出場した2試合で賞金を加算できず、37位から56位に後退。昨季にシードを喪失した渡邉彩香は62位から65位に落とした。 <第2回リランキング結果上位50位> 順位/選手名(第…
2019/09/29インディ女子インテック選手権

横峯さくらは8打差7位に後退 首位はハー・ミジョン

◇米国女子◇インディ女子インテック選手権 3日目(28日)◇ブリックヤードクロッシングGC(インディアナ州)◇6456yd(パー72) 首位と2打差で決勝ラウンドを迎えたさくらは、3バーディ、3…
2019/09/28インディ女子インテック選手権

横峯さくらは2位で決勝進出 首位に2打差で週末へ

◇米国女子◇インディ女子インテック選手権 2日目(27日)◇ブリックヤードクロッシングGC(インディアナ州)◇6526yd(パー72) 首位に2打差の2位からスタートしたさくらは3バーディ、1…
2019/09/27インディ女子インテック選手権

横峯さくらが2打差2位発進 5連続バーディ「65」

◇米国女子◇インディ女子インテック選手権 初日(26日)◇ブリックヤードクロッシングGC(インディアナ州)◇6526yd(パー72) さくらが5連続を含む7バーディ、ボギーなしで今季の自身
2019/09/26インディ女子インテック選手権

優勝者は牛乳で祝福 「インディ500」隣接コースに横峯ら登場

500」と同じように地面のレンガにキスし、牛乳を飲んで勝利を祝うのが慣習となっている。 大会連覇が懸かる世界ランキング2位のソンヒョン、キム・セヨン(韓国)、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)がいずれも今季3勝目を狙う。日本勢はさくら、上原彩子、山口すず夏が参戦する。
2019/09/15日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

「日本に戻って優勝うれしい」畑岡奈紗のメジャー3勝目は記録尽くし

。日本勢では宮里の後に諸見里(44試合)、さくら(45試合)が続く。 「日本女子プロ」2番目の年少優勝 20歳245日での「日本女子プロ」優勝は、2014年大会を制した鈴木愛(20歳128日)に次いで2番目の年少記録。3番目は2006年に優勝した宮里藍(21歳83日)。
2019/09/02ポートランドクラシック

ハンナ・グリーンがツアー2勝目 畑岡奈紗は4位

ボギーの「66」でプレーし、通算15アンダーの4位でブルック・ヘンダーソン(カナダ)と並んだ。2試合連続のトップ5フィニッシュとなった。 上原彩子は通算7アンダーの38位、さくらはイーブンパーの70位で終えた。
2019/09/01ポートランドクラシック

畑岡奈紗は18位で最終日へ

。 畑岡奈紗は5バーディ、3ボギーの「70」とし、通算9アンダー18位で最終日を迎える。上原彩子6アンダーの38位、さくらは4アンダーの55位で3日目を終えた。
2019/08/31ポートランドクラシック

畑岡奈紗は27位に後退 グリーン独走首位

。5位から出た畑岡奈紗は5バーディ、4ボギーの「71」でプレー、通算7アンダーで27位に後退した。さくら、世界ランキング1位のコ・ジンヨン(韓国)も同じく27位。 大会連覇を狙うマリナ・アレックスは通算9アンダー15位。山口すず夏は通算1アンダーで予選落ちした。
2019/08/30ポートランドクラシック

畑岡奈紗2打差5位発進 首位にグリーン

.スティーブンソンらと並んで6アンダー5位とした。 さくらが2週連続優勝を目指す世界ランキング1位のコ・ジンヨン(韓国)と並んで4アンダー24位。上原彩子が3アンダー34位とした。 大会連覇を狙うマリナ・アレックスは2アンダー52位。山口すず夏はイーブンパー89位で初日を終えた。
2019/08/28ポートランドクラシック

米女子ツアーは西海岸に 畑岡、上原らがランク上位に挑む

・ジンヨン(韓国)をはじめ、パク・ソンヒョン(同)、レキシー・トンプソンらトップ選手が集結する。 日本勢は前週5位の畑岡奈紗を筆頭に、前年大会で3位に入った上原彩子、さくら、山口すず夏が出場する。
2019/08/26カナディアンパシフィック女子オープン

コ・ジンヨンが今季4勝目 畑岡奈紗は5位

)とリゼット・サラスが19アンダーの3位に続いた。 畑岡奈紗は1イーグル4バーディ、2ボギーの「68」でプレーし、通算16アンダーの5位でカルロタ・シガンダ(スペイン)と並んだ。 さくらは通算11アンダーの20位、上原彩子は4アンダーの54位で終えた。
2019/08/25カナディアンパシフィック女子オープン

畑岡奈紗が6打差5位浮上 コ・ジンヨンら首位

。 11位で決勝ラウンドに進んだ畑岡奈紗は6バーディ、ボギーなしの「66」でプレーし、通算12アンダーの5位に浮上した。さくらは「69」で通算8アンダーの22位、上原彩子は通算2アンダーの55位から最終日に臨む。
2019/08/24カナディアンパシフィック女子オープン

畑岡奈紗11位 横峯さくら15位で決勝へ

奈紗は4バーディ、1ボギーで連日の「69」とし、通算6アンダーの11位につけた。さくらは通算5アンダーの15位、上原彩子は通算4アンダーの25位で決勝ラウンドに進んだ。 山口すず夏は通算3オーバーの110位で予選落ちした。
2019/08/23カナディアンパシフィック女子オープン

前年覇者B.ヘンダーソンが1打差2位発進 畑岡奈紗16位

アンダーの16位とした。さくらは2アンダーの30位、上原彩子は1アンダーの46位につけた。 山口すず夏は3オーバーの112位と出遅れた。野村敏京は途中棄権した。