ニュース

米国女子の最新ゴルフニュースをお届け

ゴルフきょうは何の日<2月28日>

2010年 宮里藍が米ツアー2週連続優勝

シンガポールのタナ・メラCCで行われた米ツアー「HSBC女子チャンピオンズ」で、宮里藍が2週連続優勝を飾った。開幕戦からの2連勝は1966年以来、44年ぶりの快挙となった。

晴れ模様となった最終日、宮里はジュリ・インクスターと並んで7アンダー首位からスタート。出だし2ホールでボギーをたたいて順位を落とすも、3番、4番で連続バーディを奪うなど食らいつき混戦の様相。折り返した後半で11番から6m、12m、5mと3連続でバーディパットをねじ込み、再びトップの座に浮上した。

<< 下に続く >>

し烈な優勝争いに、宮里には想像以上の重圧が掛かっていた。「13番のバーディパットが決まって気持ちが高ぶったのか、すごく暑く感じて一瞬具合が悪くなった」。14番のパー3ではパターでグリーン外から1mに寄せたが、外してボギー。「そこをぐっと堪えられたので、残り数ホールを耐えられたのだと思う」

首位をキープして最終18番を迎えたとき、後続との差は2打だった。先にホールアウトした横峯さくら諸見里しのぶ有村智恵宮里美香らがグリーン横で見守る中、宮里は2打目をピン下2.5mにつけて確実にパーパットを沈めて勝利をつかんだ。

「自分が思っている以上に緊張していたのかも知れないけど、それを受け止めることが大事だと思った。重圧の中で自分のやるべき事をやれたのは大きい。今後にとって大きな経験になる」と語った宮里はこの活躍で弾みをつけ、年間5勝をマーク。世界ランキング1位に上り詰めた。

この出来事の28年前の1982年2月28日には岡本綾子が「アリゾナ・コパー・クラシック」で初優勝を成し遂げ、日本人2人目となる米ツアー覇者となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには古江彩佳プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!