2022/09/07日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

横峯さくら体調不良から復帰「4日間プレーしたい」

◇国内女子メジャー◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 事前(7日)◇城陽CC(京都)◇6555yd(パー72) さくらがプロアマ戦でイン9ホールをプレー。前週「ゴルフ5レディス」では7位
2022/09/03国内女子

勝みなみが首位キープ 吉田優利が「64」で1打差2位に急浮上

夢有は通算5アンダー16位で最終日を迎える。 今季2勝の岩井千怜は通算4オーバー85位で、ツアー初優勝から2週連続Vの後、2試合連続で予選落ちとなった。初日7位だったさくらは、体調不調のためスタート前に棄権した。…
2022/08/09国内女子

きのこの山、たけのこの里 女子プロはどっち派?

制した。 ベテランさくらやルーキー櫻井心那が2位に入り、大会を盛り上げたが、出場選手は特別協賛する「明治グループ」のお菓子で、試合中のもぐもぐタイムを楽しんだ。 同グループは大会期間中…
2022/08/07国内女子

横峯さくら「何か自分と闘っていた」 V争い意識せず2位

リーダーとなってホールアウトしたさくら。「ママさんゴルファー」として、キャリアと子育ての両立を掲げて若い世代につなげる役割を担うが、36歳の8年ぶりの優勝は惜しくもならなかった。 「優勝争いという感じ…
2022/07/21国内女子

三ヶ島かなと全美貞が首位発進 1打差に稲見萌寧ら

英莉花、鈴木愛らが4アンダー9位で滑り出した。 ホールインワンを達成したアマチュアの六車日那乃(むぐるま・ひなの/日本ウェルネススポーツ大)はさくら、大里桃子らと並んで2アンダー30位。メルセデスランキング2位の山下美夢有は、吉田優利や安田祐香らと並んで1アンダー46位で初日を終えた。…
2022/07/11国内女子

第1回リランキングで福田真未が2位通過 QT下位組が下剋上

(70) 31/リ・ハナ(※) 32/竹内美雪(36) 33/岩井千怜(90) 34/蛭田みな美(45) 35/工藤遥加(33) 36/さくら(21) 37/セキ・ユウティン(42) 38/大城さつき(16) 39/松森彩夏(37) 40/山城奈々(68) (※前半戦の出場資格保有者)
2022/05/19国内女子

林菜乃子が首位発進 西郷真央1打差 渋野67位

」と好感触だ。 4アンダー3位にディフェンディングチャンピオンの稲見萌寧が続いた。 2週前の国内メジャーを制した山下美夢有はさくら、サイ・ペイイン(台湾)、申ジエ、ユン・チェヨン(ともに韓国)、河本
2022/05/09ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

ママゴルファー1年目 横峯さくらが永久シードにこだわる理由

悩んでいたショットのひっかけへの解決策は見つかったが、「ハグしたい、体温を感じたい」。集中力が切れたとたん、わが子の顔が浮かぶ。 昨年2月に長男を出産し、さくらの代名詞に「ママゴルファー」が加わった
2022/04/15国内女子

鈴木愛が単独首位発進 1打差に西村優菜

て地元で2週連続Vを狙う上田桃子、2014年大会でアマチュア優勝を遂げた勝みなみ、さくら、吉田優利らも3アンダー6位グループと上位で滑り出した。 小祝さくら、原英莉花らが2アンダー16位。 昨季