2018/06/01ヨネックスレディス

上田桃子が首位スタート 前週惜敗の勝みなみ3打差3位

スタートを切った。昨年の「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」以来となる今季初勝利、ツアー通算13勝目がかかる。 2打差の4アンダー2位に大会主催のヨネックスと用具使用契約を結ぶ森田。3
2018/05/30ヨネックスレディス

新潟決戦は20年目 海外メジャー同週で気になるフィールド

との約2400万円差を詰めるチャンス。前週にツアー初優勝を挙げた岡山絵里、プレーオフで敗れた勝みなみのほか、イ・ボミとキム・ハヌル(ともに韓国)が2試合ぶりに出場する。 ホステスプロは、ヨネックスと用具契約を結ぶ若林舞衣子や森田。契約1年目の森田は初の大会ホステスとなる。…
2018/04/28サイバーエージェントレディス

新垣比菜が3打差首位 鈴木愛が3位に急浮上

真美子。通算5アンダーの6位に森田が続いた。 3位から出たイ・ボミ(韓国)は「73」と落として通算3アンダーの13位に後退。前年覇者のキム・ハヌル(韓国)は通算2アンダーの17位とした。
2018/04/27サイバーエージェントレディス

新垣比菜と永井花奈が首位 1打差3位にイ・ボミ

アンダーの7位タイに柏原明日架、比嘉真美子、吉本ひかる。2アンダーの10位タイに成田美寿々、三浦桃香、葭葉ルミ、福田真未、森田ら8人が続く。 前年覇者のキム・ハヌル(韓国)は1オーバーとし、昨季賞金女王の鈴木愛と並んで38位とした。
2018/04/01ヤマハレディース葛城

3戦連続トップ5 森田遥は次週韓国ツアーに出場

森田は「難しいコースで疲れはたまった。なかなかバーディチャンスにつかなかった」と振り返った。次週は日本ツアーを欠場し、韓国ツアー「ロッテレンタカーレディス」に推薦出場する。 ホールアウトしたときは…
2018/03/25アクサレディス in MIYAZAKI

【速報】フェービー・ヤオ首位 三浦桃香は2打差で後半へ

ホールを終えて5バーディを奪い、通算11アンダーの単独首位で混戦をリードしている。 通算10アンダーに、ともに9ホールを終えた比嘉真美子と森田。さらに1打差の通算9アンダーで、最終組からツアー初優勝を
2018/03/24アクサレディス in MIYAZAKI

三浦桃香が単独首位で最終日へ 日本人プロ最少試合Vに前進

最少試合記録となる。 通算9アンダーの2位にペ・ヒギョン(韓国)。通算8アンダーの3位に葭葉ルミ、比嘉真美子、森田の3人が並んだ。 通算7アンダーの6位に原英莉花、佐伯三貴、新垣比菜、小倉ひまわりの4
2018/03/18Tポイントレディス

鈴木愛が逃げ切り今季初優勝 全美貞が1差2位

優勝を挙げた。昨年6月「アース・モンダミンカップ」以来のツアー通算6勝目。 全美貞(韓国)が通算7アンダーで2位。酒井美紀が通算6アンダーの3位に続いた。 通算3アンダーの4位タイに藤本麻子、森田
2018/03/17Tポイントレディス

鈴木愛が単独首位 酒井美紀、ルーキー三浦ら追う

)が4アンダーの3位に続いた。 篠原まりあ、全美貞(韓国)が3アンダーの5位。渡邉彩香、森田らが2アンダーの7位とした。 異なるコースだった昨年大会を制した菊地絵理香、勝みなみ、イ・ボミ(韓国)は5オーバー80位で予選落ちした。
2018/03/14Tポイントレディス

5年連続で日本勢が勝利 今年も開幕“3連敗”を防げるか

連続で日本人が制している。 日本勢として優勝の期待が大きいのは、前週の「ヨコハマタイヤPRGRレディス」でプレーオフの末に2位で惜敗した賞金女王の鈴木愛だ。初日は森田、成田美寿々と同組で、午前9時
2018/03/01ダイキンオーキッドレディス

川岸史果と森田遥が首位発進 諸見里しのぶが2打差5位

森田。昨年2位で惜敗した川岸は6バーディ、1ボギー。森田は1イーグル5バーディ、2ボギーとして絶好のスタートを切った。 森田は「きょうはフェアウェイキープ(79%)が良くできて、それがアイアン…
2018/02/13ダイキンオーキッドレディス

畑岡奈紗が国内開幕戦「ダイキンオーキッド」に出場

を寄せた。横峯さくら、上原彩子も米国から参戦する。 鈴木愛は2年連続賞金女王に向けて、始動。イ・ボミ(韓国)もその座を奪還すべく戦線に加わる。ツアー2勝目を狙う川岸史果、森田らも初戦からアクセルを
2017/12/21ピュアシルク バハマLPGA

米国ツアー再挑戦へ 畑岡奈紗は正月返上を覚悟

日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)が選考する「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」の表彰式が21日(木)、都内のホテルで行われた。男子は韓国の任成宰(イム・ソンジェ)、女子は森田、畑岡奈紗、永井
2017/11/19大王製紙エリエールレディス

申ジエが逆転優勝 鈴木愛は2位 賞金女王争いは最終戦へ

、次週の宮崎でもファンの期待に応えるべく最後まで全力を尽くす。 森田、東浩子が通算14アンダーの3位に並び、上田桃子が通算13アンダーの5位。首位で出た全美貞(韓国)は「74」とし通算12アンダーの6位
2017/09/07日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

柏原と一ノ瀬が暫定首位 ハヌル1打差、鈴木2打差

ボードトップで初日を終えた。 3アンダーで暫定3位に続くのは、メジャー大会3連勝を目指すキム・ハヌル(韓国)と岡山絵里の2人。2アンダーの暫定5位に、ディフェンディングチャンピオンの鈴木愛のほか、森田、工藤遥加…