2019/11/17伊藤園レディス

鈴木愛の3連勝とシーズン7勝はこんなにすごい

◇国内女子◇伊藤園レディス 最終日(17日)◇グレートアイランド倶楽部(千葉県)◇6741yd(パー72) 鈴木愛が2週前の「樋口久子 三菱電機レディス」から3連勝を遂げた。これは2007年の美貞
2019/11/17伊藤園レディス

鈴木愛が3連勝 12年ぶり2人目の快挙

。今季7勝目を挙げた。最終18番で2mのバーディパットを決め、拳を握った。2週前の「樋口久子 三菱電機レディス」からのツアー3連勝は、2007年の美貞(韓国)以来になる史上2人目の快挙。2年ぶり2回目
2019/10/13スタンレーレディス

黄アルムがツアー初の無観客短縮決戦制す 渋野日向子は6位

ですよ」と笑顔で語った。 2打差の通算6アンダー2位に菊地絵理香、武尾咲希、篠原まりあ、アマチュアの星川ひなの(日大2年)の4人。渋野日向子はこの日ベストスコアの「32」をマークし、イ・ボミ(韓国)、稲見萌寧、笠りつ子、森田遥、美貞(韓国)と並んで、通算5アンダー6位に入った。
2019/09/12日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

新記録の渋野日向子は11位発進 首位に高橋彩華、朴仁妃

遥、山路晶と、いずれも韓国のイ・ミニョン、アン・ソンジュ、美貞の8人が並んだ。 8月の「AIG全英女子オープン」を制した渋野日向子は5バーディ、3ボギーの「70」でプレーし、2アンダーの11位タイ
2019/09/12日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

【速報】渋野日向子は1オーバーでハーフターン

でもバーディを奪ってスコアを戻したが、9番で1mのパーパットを外した。 ホールアウトした選手では高橋彩華が4アンダーで首位、大会初出場の畑岡奈紗が木村彩子、美貞と並んで3アンダーで初日を終えている。 午後1時現在で5768人のギャラリーが詰めかけた。
2019/08/11北海道meijiカップ

シルバーコレクター返上 ペ・ソンウが念願の初優勝

。 子どもの頃から憧れていた思い入れの強い大会だった。15歳当時、2009年大会を韓国でテレビ観戦した。美貞(韓国)が優勝して明治製品のお菓子を副賞として受け取ったことが強く印象に残っている。「明治という
2019/08/10北海道meijiカップ

【速報】渋野日向子は前半を1ボギー 通算1アンダーで後半へ

アンダー11位からスタート。美貞(韓国)、蛭田みな美と同組で午前9時アウトコースからティオフした。 出だし1番は8mから2パットでパー発進させると、続く2番(パー3)ではグリーン左手前のエッジにこぼすも1
2019/06/26アース・モンダミンカップ

鈴木愛は2人目の3週連続Vとなるか「今年のほうが実力」

を使い、気持ち的にも疲れるので休まないともたないですね」と大会前の練習ラウンドは9ホールにおさえた。 同ツアーで3週連続優勝を飾ったのは2007年の美貞(韓国)のみ。史上2人目の記録達成に期待も
2019/05/18ほけんの窓口レディース

鈴木愛はパター変更が奏功 コースレコード「64」

10打差の84位から出た鈴木愛が8バーディ、ノーボギーの「64」をマーク。2012年最終ラウンドの美貞と、14年第2ラウンドのイ・ボミ(ともに韓国)が記録したトーナメントコースレコードを1打更新した
2019/05/06優勝セッティング

プレーオフに繋げて勝利へと導いた勝みなみの優勝ギア

大会名:パナソニックオープンレディース 日時:5月3日(金)~5月5日(日) 開催コース:浜野ゴルフクラブ (千葉) 優勝者:勝みなみ 勝みなみが美貞(韓国)とのプレーオフを1ホール目で制し、今季
2019/05/05パナソニックレディース

勝みなみが今季初V 掲げたテーマ「今、ここ、自分」

◇国内女子◇パナソニックオープンレディース 最終日(5日)◇浜野ゴルフクラブ (千葉)◇6566yd(パー72) 18番(パー5)で行われた美貞(韓国)とのプレーオフ1ホール目。勝みなみは残り
2019/03/31アクサレディス in MIYAZAKI

20歳の河本結がツアー初優勝 ルーキーが5打差で逃げ切り

の2位にユン・チェヨン(韓国)とS.ランクン(タイ)。通算9アンダーの4位にペ・ヒギョン(韓国)、河本と同じ最終組のルーキー脇元華が続いた。 最終組を構成したもうひとりのルーキー臼井麗香は吉本ひかる、美貞(韓国)と並んで通算8アンダー6位。前週優勝の上田桃子は通算5アンダーの14位で終えた。
2019/03/13ヨコハマタイヤPRGRレディス

7年連続プレーオフ決着 因縁の2人が初日から火花

、大会2勝のイ・ボミと美貞(ともに韓国)、前年3位の横峯さくら、プロギア用品使用契約選手の原江里菜、藤本麻子、辻梨恵ら108人がエントリーした。 前年の最終日に19ホールを戦ったアンと鈴木は初日、原江里菜を加えた3人でプレー。比嘉はテレサ・ルー(台湾)、李知姫(韓国)と同組でティオフする。
2018/11/15ツアーギアトレンド

イ・ボミも使うZ-STARボールの“すべらない新作”を発見

止まってくれた。打感も(前作から)違和感がなかった。粘る感じもあって、明らかに食いつきも良い」と話す。小田孔明らが使用し、女子ではここまでイ・ボミ、美貞(ともに韓国)が使うほか、香妻琴乃が9月の