ニュース

国内女子ニッポンハムレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

トラブル発進→ガッツパー締め 森田遥が2位浮上

2021/07/09 19:51


◇国内女子◇ニッポンハムレディスクラシック 2日目(9日)◇桂ゴルフ倶楽部(北海道)◇ 6763yd(パー72)

涼やかな風が吹く中、森田遥が4連続バーディを含む「68」で回り、3アンダー12位から通算7アンダー2位へ浮上した。予選ラウンドではグリーン上が特にさえた。「自分が思うところに出せば入るという感じだった。流れは作りやすい」と全体1位の24パットをマークした。

<< 下に続く >>

ただ、出だし1番はドタバタのトラブルだった。ティショットを左に曲げ、フェアウェイバンカーに入れた。入った場所に動物の足跡がたくさんあり競技委員を呼んだが、そのままのプレーを求められた。(※規則11.1b:球はあるがままにプレーしなければならない)

「カラスかなんかの足跡に入ってしまって、分かってはいたけど朝一番から競技委員の方を呼んだ。昨日も出だしがボギー続きで始まったので『またかよ』と思いました」とボギー発進に嫌な予感がよぎったという。

それでも北海道は初優勝を挙げた場所(2017年「北海道meijiカップ」/札幌国際カントリークラブ 島松コース)。水分を含みやすく寒さに強いとされる洋芝は「ターフも取れるし、結構好き」と苦手意識はなく、整ったコースも「練習場からモチベーションが上がります」と好相性ぶりをアピールした。

最終18番では「きょう一番のガッツパー」を奪った。グリーン手前のバンカーで、3分の1くらいしか見えない目玉の3打目を迎えたが、出し切ってピン7m弱へ。これをねじ込んで、好位置での折り返しにつなげた。「あしたこそはスタートダッシュでつまずかないように行きたい」と決勝ラウンドを見据えた。(北海道苫小牧市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ニッポンハムレディスクラシック




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!