最近のニュース 新着一覧≫


2018/06/08国内男子

木下稜介がプロ初優勝/AbemaTVツアー最終日

日程で開かれ、4打リードの単独首位から最終日を出た木下稜介が通算14アンダーとし、プロ初優勝を飾った。最終日は3バーディ、3ボギーの「72」と伸び悩んだが、2日目までの貯金を生かして2打差で逃げ切った…
2017/12/04国内男子

男子最終QT決勝ラウンド始まる 木下稜介が首位

アンダーで予選を終えた26歳の木下稜介が後続に4打差をつけ、首位に立っている。通算14アンダーの2位で鍋谷太一、狩俣昇平、アンドリュー・エバンス(オーストラリア)の3人が続く。 シードを失った増田伸洋は通算6アンダーの36位。近藤共弘、深堀圭一郎は通算2アンダーの74位で決勝に進んだ。
2021/06/04日本ツアー選手権森ビル杯

2日目は日没順延 木下稜介が首位浮上

ホールアウトできず、午後6時19分に日没順延となった。悪天候の中、アンダーパーで18ホールを完遂したのは3人だけだった。 ホールアウトした選手では、4アンダー3位から出た木下稜介が5バーディ、2ボギー…
2022/04/28BMW 日本ツアー選手権森ビル杯

木下稜介がBMWとスポンサー契約 ホスト大会で連覇を目指す

ビー・エム・ダブリュー株式会社(東京都港区)は28日(木)、木下稜介とスポンサー契約を締結したことを発表した。 同社は昨年6月に女子の河本結、松田鈴英、宮田成華とスポンサー契約を締結。国内男子ツアー…
2022/09/02LIV招待

PGAツアー出場停止の木下稜介「LIVからは手を引く」

処分」の対象となった木下稜介は2日、「LIVからは手を引いて、気合を入れ直して米国にトライしていきたい」と話し、今後のLIVゴルフ出場を見送る考えを示した。 木下は6月に始まった新リーグにこれまで3…
2021/06/27国内男子

木下稜介が2試合連続優勝 プレーオフで時松隆光破る

木下稜介が通算25アンダーとして、初日から首位の時松隆光をとらえプレーオフにもつれ込んだ。 1ホール目で木下がバーディを奪い、パーにとどまった時松を振り切った。初優勝を遂げた「日本ゴルフツアー選手権
2023/06/22アジアン

香妻陣一朗が9位発進 木下稜介19位

)ら6人が続いた。 日本勢は2人が出場。2バーディ、1ボギー「71」でプレーした香妻陣一朗が1アンダー9位で滑り出した。 木下稜介は3バーディ、3ボギー「72」で回り、イーブンパー19位で初日を終えた
2022/08/13アジアン

木下稜介と久常涼が12位で最終日へ

プレーして通算14アンダーとし、ガビン・グリーン(マレーシア)をとらえて首位に並んだ。 1打差3位でセン世昌(台湾)とニティソーン・ティッポン(タイ)が続いた。 木下稜介は「67」、久常涼は「68」を
2019/05/30国内男子

木下稜介が自身初のアルバトロスに「超嬉しい」

◇国内男子◇~全英への道~ミズノオープン 初日(30日)◇ザ・ロイヤル ゴルフクラブ(茨城県)◇8016yd(パー72) 木下稜介が後半3番(パー5)で自身初のアルバトロスを達成した。「69」で
2022/02/06アジアン

木下稜介が5打差5位で最終日へ 金谷拓実16位

位で出た木下稜介は3バーディ、2ボギーの「69」で回り、通算7アンダー。ダスティン・ジョンソン、ウェイド・オームスビー(オーストラリア)と並んで5位で最終日に臨む。 金谷拓実はフィル・ミケルソンらと並ぶ通算3アンダー16位。星野陸也は通算イーブンパー32位、久常涼は通算9オーバー72位で終えた。
2021/09/23国内男子

今季2勝の木下稜介が首位発進 1打差にアマ河本ら

◇国内男子◇パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ 初日(23日)◇城陽CC (京都)◇6967yd(パー72) 今季2勝を挙げ、前週も3位に入った木下稜介が7バーディ、ノーボギーの「65」で
2021/06/28世界ランキング

木下稜介が初のトップ100入り/男子世界ランク

男子ゴルフの27日付け世界ランキングが発表され、日本ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」で2試合連続優勝を飾った木下稜介が159位から98位に浮上。自身初のトップ100入りを果たした。 日本
2021/06/06日本ツアー選手権森ビル杯

「同学年で本当に良かった」木下稜介が語る松山英樹と石川遼

そろった1991年度に木下稜介も生を受けた。中学2年生のとき、静岡県で行われたジュニア大会で石川に競り負けた。「最終ホールの(石川が)バーディ(木下が)ボギーで僕が負けたんです」。地元奈良を離れて香川西高…
2021/05/13国内男子

アマ杉浦悠太と木下稜介が首位発進 石川遼2打差

ボギーの「68」でプレーして4アンダーとし、木下稜介と並び首位で発進した。 1打差の3位に前回2019年大会覇者の浅地洋佑のほか、宮里優作、今平周吾、アマチュアの河本力(日体大4年)ら計8人が並んだ。 2アンダー11位に石川遼、稲森佑貴ら。前週優勝の片岡尚之は、宮本勝昌らとともに1アンダー18位につけた。