最近のニュース 新着一覧≫


2021/10/21ZOZOチャンピオンシップ

“押し問答”で30分待ちも 木下稜介が日本人3番手の好スタート

。出だしでつまずいた木下稜介は6番(パー5)で珍しいケースに遭遇した。 同組のロジャー・スローン(カナダ)が放ったボールが見つからず、本人は右サイドに広がる池に入ったと主張。競技委員を呼び、後続のグループを…
2021/11/21ダンロップフェニックス

「悔しい」1打差 木下稜介は賞金ランキング2位から動けず

プレーオフに持ち込める最終18番(パー5)のイーグルパット。木下稜介は「思っていたよりも前に行くスピードがあった」と、カップの左を通り過ぎるボールを静かに見つめた。 今季3勝目、逆転賞金王へ向けて単独首位…
2021/09/23パナソニックオープン

今季2勝の木下稜介が首位発進 1打差にアマ河本ら

◇国内男子◇パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ 初日(23日)◇城陽CC (京都)◇6967yd(パー72) 今季2勝を挙げ、前週も3位に入った木下稜介が7バーディ、ノーボギーの「65」で
2021/09/24パナソニックオープン

米国挑戦か賞金王か 木下稜介の悩ましい終盤戦

◇国内男子◇パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ 初日(23日)◇城陽CC (京都)◇6967yd(パー72) ツアー2勝の木下稜介がボギーなしの7バーディ「65」で回り、単独首位で滑りだし…
2021/11/20ダンロップフェニックス

木下稜介が首位浮上 宮里優作「63」で2打差4位

◇国内男子◇ダンロップフェニックス 3日目(20日)◇フェニックスCC(宮崎)◇7042yd(パー71) 3打差5位から出た賞金ランキング2位の木下稜介が6バーディ、1ボギーの「66」でプレー。6月
2021/11/09VISA太平洋マスターズ

初V続く御殿場決戦 賞金ランク1位・木下稜介のリベンジは

辰徳、19年は当時アマチュアの金谷拓実、昨年の香妻陣一朗と毎年初優勝のドラマが生まれてきた。1年前、最終18番(パー5)のイーグルで劇的な逆転Vを決めた香妻の陰で1打届かず涙をのんだのが木下稜介。賞金
2021/08/06WGCフェデックス セントジュード招待

WGCデビューの木下稜介 米本土の芝に「ジャッジ難しい」

権利で出場する木下稜介は4オーバーと出遅れた。出場66人のうち64位のスタートに「あまりいいところがなく終わってしまって残念」と唇をかんだ。 1月の「ソニーオープン」で経験したハワイの芝、7月のメジャー…
2021/11/12VISA太平洋マスターズ

首位は金谷拓実と幡地隆寛 木下稜介は薄氷の予選通過

1位の木下稜介は出だしからダブルボギーを先行するなどスコアを落としたが最終18番(パー5)でバーディを奪取し、カットライン上の通算7オーバー58位でホールアウト。薄氷を踏む予選通過となった。
2021/07/18全英オープン

「松山選手のように海外で」木下稜介を駆り立てた刺激

木下稜介が、再び16番(パー3)で魅せた。前半7番でバーディを先行させながら、伸ばしきれずにいた終盤。「絶対にショートだけはしない」と強気に打った約10mが真っすぐカップへ飛び込むバーディで沸かせた…
2021/08/09WGCフェデックス セントジュード招待

「壁に当たった感じ」木下稜介は学びと驚きの初WGC

の海外メジャー「全英オープン」、そして初の世界選手権シリーズ(WGC)となる今大会と戦いの場を広げてきた木下稜介。通算1アンダー43位で終えた4日間を「ちょっと壁に当たった感じ」と素直に表現した