2014/08/02バラクーダ選手権

ワトニーが首位キープ!今田竜二は予選を突破

(南アフリカ)の2選手。チャルマースは通算16ポイントで86位から17位タイに浮上。サバティーニは通算10ポイントで121位から56位に浮上した。 初日に78位タイと出遅れた今田竜二は、前半1バーディ、3
2014/08/01バラクーダ選手権

ワトニーが18ポイントの首位!今田は4ポイントで78位

、10番から5連続を含む9つのバーディを奪いポイントを積み重ねた。 日本からは今田竜二が出場。前半の3バーディを奪ったが、後半に2つのボギーをたたき4ポイントを獲得。多くの選手が攻めのゴルフを展開する中
2014/07/29バラクーダ選手権

ポイント制の下剋上大会 今田竜二が参戦

ブリヂストンインビテーショナル」と同週開催とあって、トップランカーたちは不在。ベ・サンムンやニック・ワトニーら飛躍を期す選手たちが満を持してタイトルを狙う一方で、ジョン・デーリー、デビッド・デュバル、マイク・ウィア(カナダ)ら往年の名選手たちも、復活のきっかけ…
2014/07/27RBCカナディアンオープン

フューリックが4シーズンぶり通算17勝目に王手

はグラハム・デラエが、ジョー・デュラント、スコット・ブラウン、ティム・ペトロビックらと並び、通算8アンダーの5位タイ。そのほか昨年覇者のブラント・スネデカーが通算5アンダーと伸ばし、37位から14位に大きく順位を上げた。 今田竜二
2014/07/26RBCカナディアンオープン

7バーディのフューリックが首位タイ、今田竜二は予選通過

タイだったマイケル・パトナムのほか、マット・クーチャー、ダニー・リー(ニュージーランド)ら計8人が並んでいる。 日本勢で唯一出場している今田竜二は2バーディ、4ボギーの「72」と振るわなかったが、通算イーブンパーの63位タイ…
2014/07/25RBCカナディアンオープン

地元アマチュアが1打差3位 今田竜二は32位発進

メジャータイトルホルダーのチャール・シュワルツェル(南アフリカ)ほか、ニック・ワトニー、ボー・バンペルトら11選手が並んでいる。 日本人唯一の出場となる今田竜二は3バーディ1ボギーの「68」をマークして
2014/07/22RBCカナディアンオープン

メジャー翌週 ホストプロと地元カナダ勢の戦いは・・・

するホストプロ。地元カナダのグラハム・デラエ、デビッド・ハーン、そしてマイク・ウィアらが母国の期待を一身に背負う。「全英」で、上位でプレーしたチャール・シュワルツェル(南アフリカ)も久々の米ツアーでの優勝を十分に狙える存在だ。 なお、松山英樹と石川遼は揃って欠…
2014/07/11ジョンディアクラシック

Z.ジョンソンら3選手が首位に並ぶ 今田竜二は出遅れ

の4選手が続いている。 そのほか、昨年覇者のジョーダン・スピースは3バーディ3ボギーの「71」で回り、イーブンパーの81位。今田竜二は2バーディ4ボギーの「73」とスコアを落とし、2オーバー119位と出遅れた。
2014/07/08ジョンディアクラシック

スピースが初の連覇に挑む!今田竜二も出場

挑む今週、「全英」に向けた勢いをつけたいところだ。 日本勢では今田竜二が出場を予定している。今季はPGAツアーのシード権を持たないため、下部ツアーとのかけ持ちで戦いを続け、PGAツアーは今季7試合目の
2014/06/24クイッケンローンズ・ナショナル

腰の手術から3ヶ月ぶりにフィールドへ ウッズのツアー復帰戦

英樹、今田竜二の日本勢は出場しない。 また、当大会は3週間後の海外男子メジャー「全英オープン」(英国・ロイヤルリバプール)の米国予選会も兼ねており、最終日を終えた12位タイまでの資格を持たない上位4人に出場権が与えられる。
2014/06/21トラベラーズ選手権

選手コメント集/トラベラーズ選手権 2日目

スイングやインパクト、フォロースルーなどで5年前の感覚が戻ってきている。今のところは良い感じだね。この2日間と週末が楽しみだよ。じっと我慢するという自分のスタイルを貫きたいね」 ■今田竜二 3バーディ
2014/06/20トラベラーズ選手権

今田竜二はチャンスホールでトラブル続きの132位

米国男子ツアー「トラベラーズ選手権」で今季5試合目のPGAツアー出場を果たした今田竜二は、1バーディ、4ボギーの3オーバー132位タイと大きく出遅れて初日を終えた。 朝から降っていた雨は11時には
2014/06/20トラベラーズ選手権

【速報】石川遼、初日は2バーディ、2ボギーのイーブンパー

アプローチをピン50センチにつけるナイスパーセーブ。課題としているアプローチでしぶとく凌いだ。 日本勢では今田竜二も出場。今田は石川のホールアウトと入れ替わるように、13時30分に1番からスタートした。
2014/06/18トラベラーズ選手権

今田竜二がツアーデビューの“思い出の大会”に出場

1999年にプロ転向を果たし、ツアー米ツアーで1勝を果たしている今田竜二が、今週の「トラベラーズ選手権」で今季5試合目の出場を果たす。この大会は、1996年に今田が19歳のアマチュアとして初めて
2014/06/17トラベラーズ選手権

全米明けの一戦 石川遼、今田竜二が登場

E.コンプトン、K.ブラッドリー、J.デイ(オーストラリア)、B.ケプカらが出場を果たす。 日本勢は石川遼と今田竜二が出場を予定している。前週の「全米-」に出場することができなかった2選手は、どのような調整を行ってきたのか試…
2014/06/09フェデックス セントジュードクラシック

PGAツアー復帰へ…50位の今田竜二は茨の道を覚悟

連日の悪天候に見舞われた「フェデックス セントジュードクラシック」の最終日、28ホールを回り終えた今田竜二は、「疲れました。全米オープン予選(36ホール)から、今週と…」とぐったりとしながら、汗を